[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

空手形・清水希容の五輪銀に悔しさ 大野ひかるがV2「家のテレビで見て引退も考えた」

空手の全日本選手権が12日、東京・日本武道館で行われ、女子形・大野ひかる(大分市消防局)が2年連続2度目の優勝を飾った。東京五輪は銀メダルを獲得した清水希容(ミキハウス)との代表争いに敗れて出場できず。一時は引退も考えた中で強さを見せた。

涙を流しながら優勝インタビューに答えた大野ひかる【写真:浜田洋平】
涙を流しながら優勝インタビューに答えた大野ひかる【写真:浜田洋平】

空手全日本選手権

 空手の全日本選手権が12日、東京・日本武道館で行われ、女子形・大野ひかる(大分市消防局)が2年連続2度目の優勝を飾った。東京五輪は銀メダルを獲得した清水希容(ミキハウス)との代表争いに敗れて出場できず。一時は引退も考えた中で強さを見せた。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 大野は8人による予選ラウンドを1位通過。4人のうち1人が決勝に進めるランキングラウンドでも、パープーレンを披露して勝ち進んだ。大内美里沙との決勝は得意形のスーパーリンペイで勝利。大きな拍手を受け、優勝インタビューでは涙がポロポロ。昨年決勝は清水の8連覇を阻止しながら、五輪には出られなかった。

「追う側から追われる側に変わり、去年のパフォーマンスを更新しないといけないと思っていた。五輪もある中、いい方向に進まず不安な毎日でした。目標の五輪を家のテレビで見て引退も考えた年。それを乗り越えてここに戻って来られたので、もっともっと高みを目指していきたいです」

 形は相手と直接対決せず、仮想の敵を倒すことを目的とし、技の正確性や力強さ、表現力などで優劣を決める競技。その道に終わりはない。「まだまだ自分の形、パフォーマンスを追求したい。支えてくださる方に恩返しをしたかった」。現役続行を選び、11月の世界選手権は決勝進出。五輪女王のサンドラ・サンチェス(スペイン)に敗れたものの、堂々の準優勝だった。

「辛いことも経験し、連覇した私にしかできない形がある。私にしかできない形を追求したい」。清水が出場しなかった中、客席を沸かせた29歳。13日には、18日開幕のアジア選手権(カザフスタン)に向けて出発する。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集