[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ネリ、WBCの聴取で王座再挑戦の意思主張 陣営側は「裁定が下されないこと願う」

ネリ、WBCの聴取で王座再挑戦の意思主張 陣営側は「裁定が下されないこと願う」

プロボクシングWBC世界バンタム級タイトルマッチで山中慎介(帝拳)を2回TKOで破ったルイス・ネリ(メキシコ)。前日計量での体重オーバーで、王座をはく奪され、無期限資格停止処分が課されたトラブルメーカーは9日(日本時間10日)にWBC(世界ボクシング評議会)の本部で事情聴取を受けた。ネリの代理人はWBC王座返り咲きを悲願と主張し、制裁の軽減を求めることも明らかにした。ESPNスペイン語版が報じている。

山中との一戦が波紋を呼んでいるルイス・ネリ【写真:Getty Images】
山中との一戦が波紋を呼んでいるルイス・ネリ【写真:Getty Images】

WBCの事情聴取受けたネリ 無期限資格停止も、同王座へ再挑戦したい意向を主張

 プロボクシングWBC世界バンタム級タイトルマッチで山中慎介(帝拳)を2回TKOで破ったルイス・ネリ(メキシコ)。前日計量での体重オーバーで、王座をはく奪され、無期限資格停止処分が課されたトラブルメーカーは9日(日本時間10日)にWBC(世界ボクシング評議会)の本部で事情聴取を受けた。ネリの代理人はWBC王座返り咲きを悲願と主張し、制裁の軽減を求めることも明らかにした。ESPNスペイン語版が報じている。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 山中との第2戦目の前日計量で、ネリは前日の1度目の計量で5ポンド(約2.27キロ)も体重を超過。バンタム級よりも2階級も上のフェザー級のリミット内という異常事態で、王座を剥奪されていた。

 ネリはマネージャーのギジェルモ・ブリトー氏とともに本部を訪れ、事情聴取を受けたようだ。

「我々はまだなんの返答を受けていない。今日は陣営として、ルイス・ネリがなぜ体重オーバーとなったのか理由を説明した。過ちを認め、最終的には、彼の興味はWBCのタイトルマッチをもう一度戦うことだと示した。彼の唯一の目標なんだ」

 同メディアによると、ブリトー氏は事情聴取後にこう語ったという。メキシコシティに本部を置くWBCからは無期限資格停止を受けているが、ネリは再びWBCの緑のベルトを目指す意向を表明したという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー