[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「この1枚が本当欲しかった」 三原舞依、喜びが溢れ出た“復活スマイル”に海外歓喜

10月30日(日本時間31日)のフィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第2戦のスケートカナダで、三原舞依(シスメックス)が自己ベストの計210.01点で日本勢最高の4位に入った。キス・アンド・クライで見せた歓喜の瞬間に対し、米専門誌が画像付きで「また見ることができるなんて」と脚光を浴びせると、海外ファンから「私の今大会ベストシーン」と復活を待望していた様子のコメントが寄せられている。

グランプリ(GP)シリーズ第2戦で自己ベストを記録して4位に入った三原舞依【写真:AP】
グランプリ(GP)シリーズ第2戦で自己ベストを記録して4位に入った三原舞依【写真:AP】

三原舞依がキス・アンド・クライで見せた笑顔とは

 10月30日(日本時間31日)のフィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第2戦のスケートカナダで、三原舞依(シスメックス)が自己ベストの計210.01点で日本勢最高の4位に入った。キス・アンド・クライで見せた歓喜の瞬間に対し、米専門誌が画像付きで「また見ることができるなんて」と脚光を浴びせると、海外ファンから「私の今大会ベストシーン」と復活を待望していた様子のコメントが寄せられている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 会心の笑みだった。マスク姿の三原はグレーのウェアを着てキス・アンド・クライに登場。画面にはフリーの得点が「142.12」と映し出されている。三原はマスク越しでもわかる嬉しそうな笑み。拳を握って喜んでいるようだ。

 画像を公開した米フィギュア専門誌「IFSマガジン」公式ツイッターは、文面に「マイ・ミハラがとても嬉しそうに競技し、素晴らしいスケートをする姿をまた見ることができるのは、素晴らしいことだろう」と感慨深げに投稿。コメント欄の海外ファンは「私は嬉しいよ、マイ」「この1枚が本当に欲しかった」「彼女の滑りは見ていて楽しい。美しかった」「よくやった、おめでとう!」「私にとっての今大会ベストシーン」と歓喜の声を上げている。

 三原は体調不良により一時休養していたが、2020年に復帰。先月15日に行われたアジアンオープントロフィーでも優勝するなど、日本代表入りの可能性もある北京五輪シーズンで好演技を続けている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集