[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 【平昌 夢の跡】15歳ザギトワ、“美しき頂上決戦”で涙の金 妖艶すぎるトラに変身も

【平昌 夢の跡】15歳ザギトワ、“美しき頂上決戦”で涙の金 妖艶すぎるトラに変身も

3日間にわたり、平昌五輪で話題を呼んだ名場面を振り返る連載「平昌 夢の跡」。今回はフィギュアスケート女子シングルを制したアリーナ・ザギトワ(OAR)。同門の先輩、エフゲニア・メドベージェワ(OAR)との異次元の頂上決戦を制し、エキシビションでは妖艶なトラに変身して話題を呼ぶなど、男子シングルで66年ぶり連覇を果たした羽生結弦(ANA)とともに主役をさらった。

アリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】
アリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】

「名場面総集編」―新女王に輝いた15歳、“トラ変身”は「どう見ても15歳じゃない」の声も

 3日間にわたり、平昌五輪で話題を呼んだ名場面を振り返る連載「平昌 夢の跡」。今回はフィギュアスケート女子シングルを制したアリーナ・ザギトワ(OAR)。同門の先輩、エフゲニア・メドベージェワ(OAR)との異次元の頂上決戦を制し、エキシビションでは妖艶なトラに変身して話題を呼ぶなど、男子シングルで66年ぶり連覇を果たした羽生結弦(ANA)とともに主役をさらった。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 日本でいえば、中学3年生。弱冠15歳の美しき天才少女が世界に衝撃を与えた。団体戦で銀メダルを獲得し、挑んだ女子ショートプログラム(SP)。後半に固めたジャンプをすべて着氷させる完璧な演技で82.92点をマーク。3番前にメドベージェワが出した世界記録81.61点をわずか20分後に更新し、首位発進を決めた。

 迎えた2日後のフリー。大きなミスなく、圧巻の滑りを披露し、メドベージェワと同じ156.65点をマーク。「1.31」のリードを保ち、世界歴代2位となる合計239.57点で金メダルを獲得した。15歳9か月、史上2番目の年少女王誕生の瞬間だ。優勝が決まると、一瞬、ほほ笑んだ後で目元を押さえた。涙の金メダルだった。

 同じトゥトベリーゼ氏の下で同じ練習場で日々、切磋琢磨してきたメドベージェワとの異次元の頂上決戦。金と銀とメダルの色は分かれたが、演技後に2人で抱き合う姿勢を「親友。たとえ、何が起きようと」と米メディアが紹介し、感動を呼んだ。そして、他の追随を許さない争いは海外メディアはもちろん、母国の英雄エフゲニー・プルシェンコ氏など、数々の絶賛を集めた。

 エキシビションではトラ柄の全身タイツをまとい、妖艶に演じ、日本のファンから「どう見ても15歳じゃない」との声が上がるなど、最後まで熱視線を欲しいままにした15歳。今後もメドベージェワが君臨し、母国のジュニア世代には金の卵がズラリと揃う。そんな中で、世界のファンを魅了し続けてくれるのか。新五輪女王から目が離せそうにない。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー