[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 2冠選手は2000万円以上 気になる韓国の報奨金事情 母国メディアが特集

2冠選手は2000万円以上 気になる韓国の報奨金事情 母国メディアが特集

平昌五輪は17日間の熱戦の幕が下りた。冬季史上最多のメダル13個を獲得した日本選手団。メダリストへの報奨金の金額が話題となっているが、韓国でも自国選手への報奨金が注目を集めている。

金メダルを獲得したチェ・ミンジョン【写真:Getty Images】
金メダルを獲得したチェ・ミンジョン【写真:Getty Images】

ショートトラックで2冠のチェ・ミンジョンは総額で2000万円以上 韓国の報奨金事情

 平昌五輪は17日間の熱戦の幕が下りた。冬季史上最多のメダル13個を獲得した日本選手団。メダリストへの報奨金の金額が話題となっているが、韓国でも自国選手への報奨金が注目を集めている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 韓国も冬季史上最多の17個を獲得。快挙に沸く中で、メダリストの懐事情に関心が集まっているようだ。韓国日刊スポーツが「2018平昌オリンピックでショートトラック2冠に輝いたチェ・ミンジョンが1億ウォン(約1000万円)を超える報奨金を受け取る」と題して、特集している。

 記事では、政府機関の「文化体育観光部」が平昌オリンピック政府の報奨金の詳細を公開し、個人戦での金メダル6300万ウォン(約630万円)、銀メダル3500万ウォン(約350万円)、銅メダル2500万円(約250万円)の報奨金がそれぞれに与えられると紹介。

「団体戦は選手ひとりにつきが個人戦の75%に該当する金額をもらうことができる。金メダル4725万ウォン(約472.5万円)、銀メダル2625万ウォン(約262.5万円)、銅メダル1875万ウォン(約187.5万円)である。指導者は監督が金メダル8000万ウォン(約800万円)、コーチは6000万ウォン(約600万円)と定めている」

 これにより、スピードスケート女子ショートトラック1500mでの金メダルと、3000mリレー団体でも金メダルを獲得したチェ・ミンジョンは、政府の報奨金だけで1億1025万ウォン(約1102.5万円)を受け取ることになった。また選手よりも監督のほうが高額のようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー