[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 羽生結弦が堂々の1位 米NBC選出の「フィギュア名シーン」… “相棒”もランクイン

羽生結弦が堂々の1位 米NBC選出の「フィギュア名シーン」… “相棒”もランクイン

平昌五輪が終幕した。様々なドラマを生んだ冬の祭典。米メディアでは「平昌五輪のフィギュアで忘れていけない18の事象」という格付け企画を行い、第1位に66年ぶりの連覇を果たした羽生結弦(ANA)を選出する一方で、羽生の“相棒”も驚きのランクインを果たしている。

羽生結弦【写真:Getty Images】
羽生結弦【写真:Getty Images】

羽生結弦は1位、あの“相棒”もランクイン 米選出の「フィギュア名シーン」

 平昌五輪が終幕した。様々なドラマを生んだ冬の祭典。米メディアでは「平昌五輪のフィギュアで忘れていけない18の事象」という格付け企画を行い、第1位に66年ぶりの連覇を果たした羽生結弦(ANA)を選出する一方で、羽生の“相棒”も驚きのランクインを果たしている。

【特集】「新たな夢を与えてください」日本ラグビーが成長し続けるために必要なこと / ラグビー エディー・ジョーンズ氏(GROWINGへ)

 米国で五輪中継した米放送局「NBC」電子版は大会の目玉だったフィギュアスケートで感動の名シーンの格付けを展開。1位に羽生の連覇を選出した。

記事では昨年11月のNHK杯公式練習で右足首を故障後、団体戦も回避し、ぶっつけ本番になったことで起きた、“羽生狂想曲”をまず紹介している。

「夢に描いた演技をしたい――。これが2014年五輪金メダリストとなった日本のハニュウ・ユヅルの開幕時の声明だった。彼が平昌に到着した際に日本のメディアには熱狂が巻き起こった。11月上旬に足首を痛めていたために、誰もが不安に思っていたのだ」

 だが、そんな不安を吹き飛ばし、絶対王者は会心の演技を見せた。「彼は夢に相応しいパフォーマンスを1度ならず、2度までも果たした。それにより、アメリカの伝説ディック・バトンが1948年と52年に果たして以来となる連覇を成し遂げた」

 寸評では団体戦を回避し、臨んだショートプログラム、フリーと2度に渡り最高の演技を披露したことを評価している。

「すでに世界で最も高名なスケーターだったハニュウは疑いなく彼の時代で最高の存在となった。もしかすると、史上最高かもしれない。日本にとっては初となるが、ショーマ・ウノが銀メダルを獲得したために男子シングルで1位2位独占となった」

 記事では“現役最高”のスケーター、「Yuzuru Hanyu」はすでに“史上最高”の域に達しているかもしれないと指摘している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー