[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

平野歩夢、ショーン・ホワイトとの伝説の接戦は「スノボ最高の瞬間」 米再脚光

平昌五輪は25日、閉会式を迎え、17日間に及んだ冬の祭典は幕を閉じた。日本勢は冬季五輪史上最多の13個のメダルを獲得。大きな盛り上がりを見せた中で、米メディアは19歳の天才スノーボーダーが勝ち取った銀メダルに再び脚光を浴びせている。

平野歩夢、ショーン・ホワイト【写真:Getty Images】
平野歩夢、ショーン・ホワイト【写真:Getty Images】

平野歩夢vsホワイトの争いは前評判通りで「失望させなかった」

 平昌五輪は25日、閉会式を迎え、17日間に及んだ冬の祭典は幕を閉じた。日本勢は冬季五輪史上最多の13個のメダルを獲得。大きな盛り上がりを見せた中で、米メディアは19歳の天才スノーボーダーが勝ち取った銀メダルに再び脚光を浴びせている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

「必見、2018年冬季五輪でスノーボード最高の瞬間」と特集したのは米テレビ局「WWLP」電子版だった。

「男子ハーフパイプは伝説の接戦」として、3度目の五輪金メダルを獲得したアメリカの“カリスマ”ショーン・ホワイトと、惜しくも銀メダルだった平野歩夢(木下グループ)。そして、銅メダルのスコッティ・ジェームス(オーストラリア)の屈指の名勝負を振り返っている。

「男子ハーフパイプ決勝は大きな話題を呼んでいたが、失望させなかった。予選、そして決勝を通じて、3人の最重要なメダルの本命であるショーン・ホワイト、アユム・ヒラノ、スコッティ・ジェームスは狂気なまでに進化したランで常にお互いを高め合った」

 寸評では伝説の決勝をこう振り返っている。2月14日の決勝2回目に、平野は「ダブルコーク1440」という大技を連続で成功させた。五輪史上初の4回転を連続で成功させる偉業で、95.25点を叩き出し、トップに躍り出た。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集