[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 羽生結弦&小平奈緒は「平昌で輝く海外スター」 韓国紙が“レジェンド”認定

羽生結弦&小平奈緒は「平昌で輝く海外スター」 韓国紙が“レジェンド”認定

平昌五輪が閉幕。17日間の熱き戦いの中で様々なドラマが展開された。韓国メディアは、大会を振り返って、自国以外のスターを特集。日本からはフィギュアスケート男子シングル2連覇の羽生結弦(ANA)とスピードスケートで金銀メダル獲得の小平奈緒(相澤病院)が選出された。

羽生結弦、小平奈緒【写真:Getty Images】
羽生結弦、小平奈緒【写真:Getty Images】

韓国紙が平昌で輝いた海外選手を選出 日本からは羽生と小平が入った

 平昌五輪が閉幕。17日間の熱き戦いの中で様々なドラマが展開された。韓国メディアは、大会を振り返って、自国以外のスターを特集。日本からはフィギュアスケート男子シングル2連覇の羽生結弦(ANA)とスピードスケートで金銀メダル獲得の小平奈緒(相澤病院)が選出された。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広、秋本真吾(GROWINGへ)

「“17日間の目の保養”平昌で輝く海外スター」と見出しをつけて特集したのは、韓国のスポーツ紙「スポーツ京郷」だった。

 記事では「平昌の雪原と江陵のリンクの上で間違いなく星たちが輝いた。2018平昌冬季オリンピックは25日に幕を下ろしたが、全世界から訪れて大会を輝かせたスターたちの名前は長く記憶に残るだろう」と今大会でまばゆい輝きを放った世界の名手たちに言及した。

「日本の羽生結弦はまた違う記録の主人公だった。羽生は2014年のソチオリンピックに続いて大会連続フィギュアスケート男子シングル金メダルを獲った。ディック・バトン(米国)に続く66年ぶりの大記録だった。足首の負傷で一時は平昌オリンピックの出場が危ぶまれたが、完璧な演技を繰り広げ偉業を成し遂げた」

 大きくスペースを割いて、日本が誇る王者を紹介している。またスピードスケート女子500メートルで自国の英雄、イ・サンファの五輪3連覇を阻んだ小平にも触れ、「小平奈緒は五輪新記録と同じくらい深い印象を残した。彼女の競争相手であるイ・サンファの銀メダルが確定した瞬間、彼女に近寄り肩を抱いて“よくやった”という言葉をかけて話題を集めた」と伝えた。世界中から称賛を集めた“美しき抱擁”のシーンにも触れて、選出している。

 その他、アルペンスキー&スノーボートで歴史的な2冠を達成したエステル・レデツカ(チェコ)。スノーボードで3個目の金メダルを手にしたショーン・ホワイト(アメリカ)。クロスカントリーなどで史上最多となる通算15個目のメダルを獲得したマリット・ビョルゲン(ノルウェー)など、各競技のレジェンドの名前が挙がっていた。

(THE ANSWER編集部)

DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー