[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 【平昌 夢の跡】「美人すぎる旗手」 その美貌と“大逃げ”でファンの心を掴んだ

【平昌 夢の跡】「美人すぎる旗手」 その美貌と“大逃げ”でファンの心を掴んだ

3日間にわたり、話題を呼んだ名場面を振り返る連載「平昌 夢の跡」。第3回は開会式でその美貌が「美人過ぎる」と話題になったエストニアの旗手、サスキア・アルサル。24日に行われたスピードスケート女子マススタートでは、“大逃げ”で騒然とさせ見事に4位入賞を果たして見せた。

サスキア・アルサル【写真:Getty Images】
サスキア・アルサル【写真:Getty Images】

「名場面総集編」開会式で美貌が話題になったアルサル、“大逃げ”でも魅了した

 3日間にわたり、話題を呼んだ名場面を振り返る連載「平昌 夢の跡」。第3回は開会式でその美貌が「美人過ぎる」と話題になったエストニアの旗手、サスキア・アルサル。24日に行われたスピードスケート女子マススタートでは、“大逃げ”で騒然とさせ見事に4位入賞を果たして見せた。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 10日の開会式で白のコート、ニット帽に身を包み、その美貌が「激美人」「金メダル」「雪の女王感すごい」と話題に。その後も、人気は拡大し続け、自身のインスタグラムにはファンからのコメントが殺到。日本のファンも増え、注目度は上昇していった。

 そして“本業”でも沸かせた。24日のスピードスケート女子マススタート。日本の高木菜那が金メダルを獲得したレースで、観衆の度肝を抜いた。実質レースがスタートする2周目で一気に加速。後続をぐんぐん引き離し、“大逃げ”を打つ展開に持ち込んだ。

 後続がけん制し合う間に、悠々と一人旅を続けたアルサル。最大では半周以上のリードを奪い、ポイントの入る4周目、8周目、12周目を全てトップで通過し着実に得点を重ねていった。13周目に後続につかまったが、そこまで稼いだポイントで見事に4位入賞を果たした。

 レース後には「ビューティーコンテストの話題ばかりでたくさん注目された。そのために来てるんじゃないって証明できて嬉しいわ」と振り返り、アスリートとしての意地を見せた。くしくも24日はエストニアの独立記念日でもあった。

 大会の冒頭を華やかに彩り、大会の終盤にはアスリートとしての強さも見せたアルサル。記憶にも、記録にも、足跡を刻み、平昌の地を後にした。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー