[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「メガネ先輩」人気はキム・ヨナ級 着用メガネは完売、趣味はガンプラ 韓国紙特集

「メガネ先輩」人気はキム・ヨナ級 着用メガネは完売、趣味はガンプラ 韓国紙特集

平昌五輪は25日、熱戦に幕が下りた。カーリング女子は日韓共に大きな盛り上がりを見せた。銅メダルを獲得した日本では試合途中の栄養補給タイムの“もぐもぐタイム”、選手間で交わされる「そだねー」というフレーズが話題を集め、銀だった韓国でも“メガネ先輩”ことキム・ウンジョンの人気が爆発している。韓国メディアは大会の主役となった、キム・ウンジョンに改めてスポットを当てている。

キム・ウンジョン【写真:Getty Images】
キム・ウンジョン【写真:Getty Images】

「メガネ先輩」の凄まじい人気は韓国全土に… 眼鏡は売り切れ、映画化の話も

 平昌五輪は25日、熱戦に幕が下りた。カーリング女子は日韓共に大きな盛り上がりを見せた。銅メダルを獲得した日本では試合途中の栄養補給タイムの“もぐもぐタイム”、選手間で交わされる「そだねー」というフレーズが話題を集め、銀だった韓国でも“メガネ先輩”ことキム・ウンジョンの人気が爆発している。韓国メディアは大会の主役となった、キム・ウンジョンに改めてスポットを当てている。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 今や、国民的人気となった“メガネ先輩”。韓国紙「中央日報」は「“ソチのキム・ヨナ級人気”キム・ウンジョンの魅力分析…“スーパーマンメガネ”“ニンニク孝行娘”」と題して特集を組んでいる。

「ソチ五輪“フィギュアの女王”キム・ヨナ級の人気だ。平昌五輪シンデレラは“カーリングの女王”キム・ウンジョンである」

“メガネ先輩”の人気が“国民の妹”と呼ばれる、キム・ヨナさんの人気に迫っていると伝えている。

 記事では英国のロイター通信が、取材のため義城(出身地)のニンニク工場とキム・ウンジョンの父が農業をするニンニク畑を訪ねたことを紹介。そして「彼女がかけているメガネは“売切れ”、彼女が声の限りに叫ぶ『ヨンミ~~』は流行語だ。CMへの起用や、映画を作ろうという話も出た」とうなぎ上りの注目度に言及している。

「カーリングファンたちはキム・ウンジョンの“ガールクラッシュ”な魅力にどっぷりはまった。丸い形のメガネをするキム・ウンジョンのニックネームは“メガネ先輩”。昨年、大邱の東城路(韓国の都市)であつらえたキム・ウンジョンのメガネは大邱地域の業者が作ったモデルだ。価格は約10万ウォン(約1万円)だが、平昌オリンピック期間に注文が5倍以上に増え在庫が底をついた」

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー