[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「羽生くん」、SNSでの求心力に海外も脱帽「凄まじい人気ぶり」「トップトレンド」

「羽生くん」、SNSでの求心力に海外も脱帽「凄まじい人気ぶり」「トップトレンド」

圧巻の名演技で世界中に感動の渦を巻き起こした羽生だが、英メディアは一時ツイッターを“独占”した「凄まじい人気ぶり」に脱帽している。

圧巻の名演技で世界中に感動の渦を巻き起こした羽生結弦【写真:Getty Images】
圧巻の名演技で世界中に感動の渦を巻き起こした羽生結弦【写真:Getty Images】

「羽生くん」がツイッターのトレンドで急上昇、「凄まじい人気ぶり」

 平昌五輪は17日、フィギュアスケート男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(ANA)は206.17点をマークし、合計317.85点。1948、52年のディック・バトン氏(米国)以来、66年ぶりとなる連覇の偉業を達成した。圧巻の名演技で世界中に感動の渦を巻き起こした羽生だが、英メディアは一時ツイッターを“独占”した「凄まじい人気ぶり」に脱帽している。

【特集】「新たな夢を与えてください」日本ラグビーが成長し続けるために必要なこと / ラグビー エディー・ジョーンズ氏(GROWINGへ)

 伝説の陰陽師、安倍晴明が乗り移ったかのような華麗な舞いを見せた羽生。4分30秒の気迫の演技を見守った世界のファンはSNS上で「Yuzuru Hanyu」の名前を一斉に呟いた。

 英高級紙「ガーディアン」ではツイッターのトレンドを一気に駆け上がった羽生に注目。「凄まじい人気ぶりを誇るHanyu―羽生くん(原文まま)は土曜日の演技中、そして、数時間後もツイッターのトップトレンドに位置していた」と報じていた。

 江陵(カンヌン)アイスアリーナ、男子フィギュア界のみならず、SNSの世界をも支配した羽生の求心力に、海外メディアも驚きをもって報じている。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー