[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦、憧れの“皇帝”プルシェンコも祝福「ユヅルを誇りに思う!なんて王者だ!」

平昌五輪は17日、フィギュアスケート男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(ANA)は206.17点をマークし、合計317.85点。1952年のディック・バトン氏(米国)以来、66年ぶりとなる連覇の偉業を達成した。オリンピック史に刻まれる金字塔に対し、五輪金メダル2度のエフゲニー・プルシェンコ氏(ロシア)は自身も果たせなかった偉業を「ユヅルを誇りに思う!なんて王者なんだ!」と祝福している。

金メダルを獲得した羽生結弦【写真:Getty Images】
金メダルを獲得した羽生結弦【写真:Getty Images】

“プルシェンコ超え”の五輪連覇、羽生の“連覇の3ショット”掲載で称賛

 平昌五輪は17日、フィギュアスケート男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(ANA)は206.17点をマークし、合計317.85点。1952年のディック・バトン氏(米国)以来、66年ぶりとなる連覇の偉業を達成した。オリンピック史に刻まれる金字塔に対し、五輪金メダル2度のエフゲニー・プルシェンコ氏(ロシア)は自身も果たせなかった偉業を「ユヅルを誇りに思う!なんて王者なんだ!」と祝福している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 プルシェンコ氏は男子シングル終了後からほどなくしてインスタグラムを更新。表彰式で銀メダルの宇野昌磨とハビエル・フェルナンデスの中心で笑顔を見せる羽生の“連覇の3ショット”画像を掲載している。

 そして、投稿では「ユヅルを誇りに思う!なんて王者なんだ!」と称賛。さらに「ハビもよくやったよ!そして、おめでとうショーマ!なんて競争なんだ。すべての偉大なスケーターにありがとう!」と労っていた。

 羽生が幼少期にプルシェンコ氏に憧れ、マッシュルームヘアにしていたのは有名な話。プルシェンコ氏自身もジュニア時代から羽生をかわいがり、そして、ソチ五輪では同じ舞台で戦った。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集