[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 羽生結弦と同い年 田中刑事、意地の4回転! 合計244.83点 初五輪最後に完全燃焼

羽生結弦と同い年 田中刑事、意地の4回転! 合計244.83点 初五輪最後に完全燃焼

平昌五輪は17日、フィギュアスケート男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)20位の田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)が164.78点をマークし、合計244.83点。初出場の五輪で最後に4回転を決め、完全燃焼した。

田中刑事【写真:Getty Images】
田中刑事【写真:Getty Images】

フィギュアスケート男子フリー

 平昌五輪は17日、フィギュアスケート男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)20位の田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)が164.78点をマークし、合計244.83点。初出場の五輪で最後に4回転を決め、完全燃焼した。

【特集】「新たな夢を与えてください」日本ラグビーが成長し続けるために必要なこと / ラグビー エディー・ジョーンズ氏(GROWINGへ)

 第1組の5番目で登場した田中。冒頭の4回転サルコーを決め、今大会初めて4回転を着氷させた。続く4回転は転倒したが、中盤は客席ら手拍子が沸き起こり、軽やかなステップを見せた。後半は4回転トーループにバランスを崩しながらもなんとか堪え、最後は3連続ジャンプも決めた。

 初出場の五輪だった。今季はグランプリ(GP)シリーズNHK杯で初めて3位に入り、全日本選手権では2位と躍進。羽生結弦、宇野昌磨に続き、代表3枠目を射止めた。涙をのんだ村上大介、無良崇人らの思いも背負い、夢舞台に立った。

 同い年の羽生が欠場した団体戦フリーに登場したが、ミスが相次いだ。前日の個人戦SPも20位と出遅れた。しかし、最後の最後に意地を見せ、日の丸が揺れる客席から惜しみない拍手が降り注ぎ、田中の表情にはやり切った表情が浮かんだ。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー