[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 金メダル候補チェン、意地の4回転6本&5本成功! 自己新215.08点、渾身ガッツポーズ

金メダル候補チェン、意地の4回転6本&5本成功! 自己新215.08点、渾身ガッツポーズ

平昌五輪は17日、フィギュアスケート男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)まさかの17位となった金メダル候補、ネイサン・チェン(米国)は4回転ジャンプに6度挑戦し、自己ベストを更新する215.08点で合計297.35点をマーク。4回転ジャンプの名手が最後に輝きを放った。

ネイサン・チェン【写真:Getty Images】
ネイサン・チェン【写真:Getty Images】

フィギュアスケート男子フリー、4回転5本着氷の偉業

 平昌五輪は17日、フィギュアスケート男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)まさかの17位となった金メダル候補、ネイサン・チェン(米国)は4回転ジャンプに6度挑戦し、自己ベストを更新する215.08点で合計297.35点をマーク。4回転ジャンプの名手が最後に輝きを放った。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 これぞ、チェンだ。全体8番手で登場。冒頭の4回転ルッツを決めると、続く4回転フリップをコンビネーションで着氷させた。4回転フリップは手をついたが、後半に4回転トーループを2度、4回転サルコーを1度挑戦して着氷させ、演じ切ると、割れんばかりの大喝采。チェンは顔を押さえて感極まった表情を見せると、渾身のガッツポーズを炸裂させた。

 今季はGPシリーズ&ファイナル、全米選手権を含め、全勝をキープ。羽生結弦(ANA)と金メダルを争う最大のライバルとみられていた。しかし、前日のSPはすべてのジャンプにミスが出て、まさかの17位。団体戦から続き、初五輪で本来の輝きを放てなかった。「メダルの希望は終わった」と米メディアは落胆をもって伝えていたが、最後に意地を見せた。

(THE ANSWER編集部)

DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー