[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 羽生結弦、「ユヅ」と「ハビ」の“美しき絆”を米大手誌が特集「ブロマンスに大騒ぎ」

羽生結弦、「ユヅ」と「ハビ」の“美しき絆”を米大手誌が特集「ブロマンスに大騒ぎ」

平昌五輪は17日、フィギュアスケートの男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位となった羽生結弦が66年ぶりとなる連覇に挑む。一方、2位で追走するのはハビエル・フェルナンデス(スペイン)。ともにブライアン・オーサー氏をコーチに仰ぎ、トロントを練習拠点とする同門の2人について、米大手誌「タイム」は「ユヅ」と「ハビ」の美しき“ブロマンス”について特集を展開している。

ハビエル・フェルナンデス、羽生結弦【写真:Getty Images】
ハビエル・フェルナンデス、羽生結弦【写真:Getty Images】

「世界の100人」のタイム誌が“ブロマンス”に熱視線「ネットの心も鷲掴み」

 平昌五輪は17日、フィギュアスケートの男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位となった羽生結弦が66年ぶりとなる連覇に挑む。一方、2位で追走するのはハビエル・フェルナンデス(スペイン)。ともにブライアン・オーサー氏をコーチに仰ぎ、トロントを練習拠点とする同門の2人について、米大手誌「タイム」は「ユヅ」と「ハビ」の美しき“ブロマンス”について特集を展開している。

【特集】「新たな夢を与えてください」日本ラグビーが成長し続けるために必要なこと / ラグビー エディー・ジョーンズ氏(GROWINGへ)

「インターネットではユヅル・ハニュウとハビエル・フェルナンデスのフィギュアスケートのブロマンスに大騒ぎ」

 世界初のニュース雑誌といわれる米大手誌「タイム」電子版は、こんな見出しで異例の特集を組んだ。1923年に創刊され、「世界の100人」など国際的な影響を誇る同誌で注目したのは、トロント「クリケットクラブ」を舞台にした天才スケーター同士の“ロマンス”だった。

「日本のフィギュアスケーターで、ウィニー・ザ・プー(くまのプーさん)に熱烈な愛を注ぐユヅル・ハニュウは(米国時間)木曜日、2018冬季五輪のショートプログラムを勝利しただけではない。スペインのハビエル・フェルナンデスとのブロマンスのおかげで、インターネットの心も鷲掴みにしたのだった」

 記事ではこのように言及。ブロマンスとは「brother(兄弟)」と「romance(ロマンス)」を掛け合わせて生まれた造語。ハリウッドの世界ではジョージ・クルーニーとブラッド・ピッドというイケメン俳優、今年のNFLスーパーボウルのハーフタイムショーでも共演した人気アーティストのジャスティン・ティンバーレイクと人気司会者ジミー・ファロンという親密な男同士の友情を指す。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー