[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 羽生結弦をみくびるな “王者の底力”に海外メディア驚嘆「怪我は何だったんだ?」

羽生結弦をみくびるな “王者の底力”に海外メディア驚嘆「怪我は何だったんだ?」

平昌五輪は16日、フィギュアスケート男子シングルのショートプログラム(SP)が行われ、66年ぶりの連覇を目指すソチ五輪金メダリスト・羽生結弦(ANA)は111.68点をマークし、堂々の首位発進となった。世界各国メディアは絶対王者の名演技を「魔法のルーティン」「金メダル一直線」「全ては支配下に」と伝え、懐疑的な見方もあった状態について「足首の怪我は何だったんだ?」と称賛している。

SPで首位発進の羽生結弦【写真:Getty Images】
SPで首位発進の羽生結弦【写真:Getty Images】

各国でやまない118日ぶり復活劇の賛辞「金メダル一直線」「全ては支配下に」

 平昌五輪は16日、フィギュアスケート男子シングルのショートプログラム(SP)が行われ、66年ぶりの連覇を目指すソチ五輪金メダリスト・羽生結弦(ANA)は111.68点をマークし、堂々の首位発進となった。世界各国メディアは絶対王者の名演技を「魔法のルーティン」「金メダル一直線」「全ては支配下に」と伝え、懐疑的な見方もあった状態について「足首の怪我は何だったんだ?」と称賛している。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 これが、王者たる所以だ。逆境の底力を遺憾なく発揮した。完璧な演技で111.68点をマーク。江陵アイスアリーナを魅了した羽生の復活劇は、世界各国メディアもこぞって称えている。

 米地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」電子版は「ユヅル・ハニュウが魔法のルーティンで男子ショートプログラムで勝利」と特集している。

「足首の怪我は何だったんだ? 日本のユヅル・ハニュウは途方もないパフォーマンスで足首の怪我に関する疑問を葬った」とレポート。昨年11月の右足首故障からぶっつけで、復帰戦となった王者が懐疑論を跳ね飛ばしたと評価し、「眩いばかりのパフォーマンスで五輪レコードを叩き出した」と称賛している。

 ドイツ公共放送「ARD」電子版では「日本人のハニュウが金メダル一直線」と特集。「偉大な日本のフィギュアスケーターの金メダルへの願いは軌道に乗っている。ユヅル・ハニュウは五輪の氷上で卓越していた」と評している

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー