[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

17試合11度の予選落ちからV争い 24歳野澤真央が初Vへ「徐々に調子が上がってきた」

女子ゴルフの国内ツアー・GMO&サマンサカップ第2日が17日、茨城・イーグルポイントGC(6657ヤード、パー72)で行われた。首位タイで出た24歳の野澤真央(愛知製鋼)が5バーディー、1ボギーの68で回り、通算13アンダーの単独首位で初優勝に王手。1打差の2位に若林舞衣子(ヨネックス)がつけた。観衆は1139人。

通算13アンダーの単独首位で初優勝に王手をかけた野澤真央【写真:Getty Images】
通算13アンダーの単独首位で初優勝に王手をかけた野澤真央【写真:Getty Images】

GMO&サマンサカップ第2日

 女子ゴルフの国内ツアー・GMO&サマンサカップ第2日が17日、茨城・イーグルポイントGC(6657ヤード、パー72)で行われた。首位タイで出た24歳の野澤真央(愛知製鋼)が5バーディー、1ボギーの68で回り、通算13アンダーの単独首位で初優勝に王手。1打差の2位に若林舞衣子(ヨネックス)がつけた。観衆は1139人。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 野澤は4、5番で連続バーディーを奪うと、8番でもバーディーを奪った。9番は7メートルを沈めてナイスパー。11番パー5の第3打は残り14ヤードから1メートルにつけてバーディーとし、単独トップに立った。13番のボギーで「スイングのバランスが悪くなった」とズレが生じたが、なんとか最後までパープレーで首位を守った。

「アイアンショットはずっと調子がよかった。(13番の)ボギーのあたりからは我慢の一日でした。ショットも、パットの調子もいい時と悪い時で波があったけど、徐々に調子が上がってきた」

 愛知・名古屋市出身の24歳。2015年のプロテストに合格し、17年に下部のステップアップツアーで3勝したものの、レギュラーツアーは未勝利だ。今年は5月に自己最高の4位に入ったが、17試合のうち4連続を含む11度の予選落ちした。昨年まで渋野日向子(サントリー)も教えていた青木翔コーチに師事。6月にショットのバリエーションについてアドバイスをもらった。

「応用編ですね。(不調時の)対処法のショットを教わりました。ピンまでの距離が余った時には上に飛ばす。ショットで前に飛ばすのではなく、上に飛ばして距離を合わせる」

 この日は重圧のかかる最終組で回ったが、前半を終えた第1組の渋野が自分たちの一つ後ろにいた。ギャラリーが渋野組に集まり「逆に最終組という感じがしなくてやりやすかったです。後ろの組が最終組なのかなっていう感覚。ギャラリーの方がいてくださってもやりやすいと思うので、どちらでもできると思います」と明かした。

 勝負の最終日。1打差の若林、3打差の大里桃子(伊藤園)と同組だ。「明日も自分らしく楽しんでプレーすることを大切に。できれば優勝したいけど、内容にしっかり集中して頑張りたい」と気を引き締めた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集