[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子、110日ぶり国内復帰へ笑顔 2週間の隔離生活で「しっかり太った(笑)」

女子ゴルフの国内ツアー・GMO&サマンサカップは16日から3日間、茨城・イーグルポイントGC(6657ヤード、パー72)で行われる。15日はプロアマ戦が行われ、渋野日向子(サントリー)が最終調整。米ツアーの転戦から110日ぶりの国内ツアーへ意気込みを語った。

プロアマ戦に参加し、笑顔を見せる渋野日向子【写真:Getty Images】
プロアマ戦に参加し、笑顔を見せる渋野日向子【写真:Getty Images】

GMO&サマンサカップが16日開幕

 女子ゴルフの国内ツアー・GMO&サマンサカップは16日から3日間、茨城・イーグルポイントGC(6657ヤード、パー72)で行われる。15日はプロアマ戦が行われ、渋野日向子(サントリー)が最終調整。米ツアーの転戦から110日ぶりの国内ツアーへ意気込みを語った。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 渋野は3月最終週のアクサレディス以来の国内ツアー。プロアマ戦を終え「かなり楽しめましたし、古閑美保さんと一緒だったので凄い楽しかったです」と笑顔を見せた。4月から6月末まで海外メジャー3つを含む7試合の米ツアーを転戦。ここまでを振り返った。

「久しぶりなので本当に楽しみ。2週間の隔離であまり練習をできていない。自分に期待せず気持ち的にも楽にできると思います。実家に2週間こもっていました。母の料理や岡山のシャインマスカットを食べて、しっかり太りました(笑)。本当にグータラしていました。とにかく予選通過したい気持ちもあるけど、米国でやってきたことをちょっとずつ試していきたいし、試合勘も取り戻していきたい」

 3か月間の米ツアーの最高成績は31位。ANAインスピレーションと全米女子オープンのメジャー2大会は予選落ちだった。「結果は良いものではなかったけど、いろんな経験をできた。足りないものも凄く見つかったし、3か月前の日本にいた時と比べてショットの精度も上がっている。それを発揮できたらと思います」と自信。全米女子プロゴルフ選手権では、キャディーが新型コロナウイルスの陽性反応を示し、急遽現地のキャディーとラウンド。メンタル面でも成長を感じている。

「KPMG(全米女子プロゴルフ選手権)で最後に回れるか回れないかという状態で回り切れた。今思えばそこでメンタルが強くなったかなと思います。今までは失敗にイラっとすることもあったけど、それを許せる自分ができた。言い方が悪いかもしれませんが、全米女子オープンは自分のゴルフに対して諦めていた気持ちがあった。それがKPMGでは最後まで諦めなかった。前のいいところを思い出せたかもしれないし、新しい自分になれたのかなというのも感じました」

 今大会は前回2019年大会で同じ1998年度生まれの小祝さくら(ニトリ)、今年5勝で東京五輪代表の稲見萌寧(都築電気)と同組。渋野は「もうお二人はかなり勝ちまくっている。二人のゴルフから吸収できるものは吸収して、負けないようにしたい」と笑顔。3月に出場した今年の国内ツアーは13位、57位、11位、15位。今大会は有観客となり「アメリカでも日本人の方が見に来てくださったり、海外の方も見てくださって心強かった。本当に楽しみですし、より緊張感を持ってできる。とりあえず3日間戦えればと思いますが、楽しめたらと思います」と意気込んだ。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集