[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宇野昌磨は“魔物知らず”の快演、モーグルは男女3人が決勝へ…きょうの結果まとめ

平昌五輪は9日、開会式が行われ、17日間の熱戦が本格的に幕を開けた。フィギュアスケートは団体予選が行われ、日本は前半2種目を終えて3位につけた。

宇野昌磨【写真:Getty Images】
宇野昌磨【写真:Getty Images】

開会式ではエストニアの“美人すぎる旗手”にネット騒然

 平昌五輪は9日、開会式が行われ、17日間の熱戦が本格的に幕を開けた。フィギュアスケートは団体予選が行われ、日本は前半2種目を終えて3位につけた。

【特集】一瞬で恋に落ちた新体操、その魅力「1回見たら好きになってもらえる」 / 新体操・畠山愛理さんインタビュー(GROWINGへ)

 男子ショートプログラム(SP)で先陣を切った宇野昌磨が唯一100点超えで103.25点をマークし、1位で10点を獲得。海外メディアから称賛を続々と受けた。ペアSPは須崎海羽、木原龍一組が自己ベストの57.42点をマークし、8位で3点を獲得。前半2種目を終えて計13点で3位と上々のスタートを切った。

 フリースタイルスキーでは女子モーグル予選第1ラウンドで村田愛里咲が9位で決勝進出。男子モーグルは堀島行真が5位、原大智が6位で決勝に駒を進めた。遠藤尚は13位、西信幸は16位で予選第2ラウンドから決勝進出を目指す。

 なお、この日最後には開会式が行われ、入場行進ではエストニアの旗手を務めたスピードスケートのサスキア・アルサルが“美しすぎる旗手”としてネット上で「ただならぬ美人」などと話題に。注目の聖火の点火者はフィギュアスケートのバンクーバー五輪金メダリスト、キム・ヨナさんが務めた。

(THE ANSWER編集部)

ダゾーンなら、サッカーも野球もテニスも全部見放題

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1、J2、J3「全試合中継」ダゾーン独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集