[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 聖火の点火者はキム・ヨナさん! 極寒の開会式、サプライズ登場に母国ファン大歓声

聖火の点火者はキム・ヨナさん! 極寒の開会式、サプライズ登場に母国ファン大歓声

平昌五輪は9日、開会式が行われ、聖火リレーの最終走者としてフィギュアスケートのバンクーバー五輪金メダリスト、キム・ヨナさん(韓国)が登場。母国のファンを沸かせた。

キム・ヨナ【写真:Getty Images】
キム・ヨナ【写真:Getty Images】

開会式のフィナーレに登場、リンクが張られた聖火台の下で華麗な舞依も披露

 平昌五輪は9日、開会式が行われ、聖火リレーの最終走者としてフィギュアスケートのバンクーバー五輪金メダリスト、キム・ヨナさん(韓国)が登場。母国のファンを沸かせた。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 注目の最終ランナーは「国民の妹」と呼ばれ、国民的人気を誇っていたフィギュアスケートの金メダル女王だった。開会式のフィナーレ、キム・ヨナさんは場内で行われた5人のリレーで最後に登場した。

 白のワンピースをまとい、リンクが張られた聖火台の下で華麗な舞いを披露すると、トーチを受け取り、聖火台に火をともした。

「平和」をテーマにした開会式では、プロ野球の元巨人イ・スンヨプさん、ゴルフのパク・セリさんら日本でもなじみのある韓国の元アスリートが続々登場。その中でバンクーバー五輪金メダリスト、キム・ヨナさんが大役を務めた。

 大会アンバサダー役を務めたキム・ヨナさんは11月にアテネから聖火を韓国に運び、聖火リレーをスタートさせた。あれから101日で7500人で2018キロをつないできた聖火は再び、自身のもとに戻り、大会17日間の幕開けを告げた。

 聖火の点火者、点火方式は秘密にされており、韓国メディアでも「誰が務めるのか」と開会式の最大の目玉として大きな注目を浴びていた。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー