[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「落ちぶれた」と泣いた賞金女王・鈴木愛の復活V 「結果、結果、結果と求めすぎた」

女子ゴルフの国内ツアー・資生堂レディス最終日が4日、神奈川・戸塚CC(6570ヤード、パー72)で行われ、1打差の2位で出た27歳の鈴木愛(セールスフォース)が1イーグル、3バーディー、1ボギーの68で回り、通算10アンダーでツアー通算17勝目を挙げた。大会第1、2日は悪天候で競技中止となり、36ホールに短縮。2017、19年賞金女王が約1年8か月ぶりとなる20-21年シーズン初優勝を手にした。

優勝トロフィーを手に笑顔を見せる鈴木愛【写真:Getty Images】
優勝トロフィーを手に笑顔を見せる鈴木愛【写真:Getty Images】

資生堂レディス、鈴木愛が掲げた次の目標「引退までに30勝」

 女子ゴルフの国内ツアー・資生堂レディス最終日が4日、神奈川・戸塚CC(6570ヤード、パー72)で行われ、1打差の2位で出た27歳の鈴木愛(セールスフォース)が1イーグル、3バーディー、1ボギーの68で回り、通算10アンダーでツアー通算17勝目を挙げた。大会第1、2日は悪天候で競技中止となり、36ホールに短縮。2017、19年賞金女王が約1年8か月ぶりとなる20-21年シーズン初優勝を手にした。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 鈴木が久々に強さを見せた。1打差2位で迎えた16番パー5。残り95ヤードからの第3打をそのまま入れるスーパーイーグルだ。「奇跡」と胸に手を当てて自分でもビックリ。単独首位に立つと、最終18番で約1メートルのパーパットを沈めて右拳を力強く握った。優勝インタビューでは「長かったなぁって思います」と涙を流し、声を震わせた。

「ゴルフのことを考えると本当につらかった。本当に味わったことのないくらい毎日苦しくて、もうゴルフをやめようかなって。(18番パーパットは)あれすら入らないんじゃないかと。最後に試練が来た。練習してきたからこそ打てたパット。練習してきてよかった」

 19年は7勝で賞金女王に輝いたが、コロナ禍で統合された20-21年シーズンは2度の2位に留まっていた。直近3試合は予選落ち、体調不良による棄権、予選落ち。「どういうふうにプレーしていたっけ」と戸惑うほど迷走した。「成績、人のプレーも見られなくなった。自分と他の選手のプレーを見るのがつらかったです。ここまで落ちぶれたと思うのが怖くて、自分のプレーができずにいた」と苦しんだ。

 苦しむあまり、無風の時でさえも風向きが気になった。「神経質になっていた」。今週はプロキャディーではなく、プロテスト合格を目指している飛田えりさんにオファー。「中学時代からの友達。会うのは高校卒業以来。今週はシンプルになれた。友達だからこそ何も考えず集中してできた。昔の苦労話もしながら楽しくやれた」と奏功した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集