[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「棄権がどれだけ失礼か」 会見で涙した新谷仁美が「0点のレース」で気づいた原動力

東京五輪代表の最終選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権最終日が27日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子5000メートル決勝では、新谷仁美(積水化学)が15分13秒73の2位に入り、優勝した廣中璃梨佳(日本郵政グループ)とともに1万メートルに続く2種目内定。極度の不安から棄権がよぎり、レース後は不甲斐なさから大粒の涙を流したが、自身の原動力を再確認する一日となった。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

棄権がよぎった末に走り切った後の新谷仁美【写真:編集部】
棄権がよぎった末に走り切った後の新谷仁美【写真:編集部】

陸上・日本選手権、新谷仁美は2種目内定も涙「棄権しようと追い込まれていた」

 東京五輪代表の最終選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権最終日が27日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子5000メートル決勝では、新谷仁美(積水化学)が15分13秒73の2位に入り、優勝した廣中璃梨佳(日本郵政グループ)とともに1万メートルに続く2種目内定。極度の不安から棄権がよぎり、レース後は不甲斐なさから大粒の涙を流したが、自身の原動力を再確認する一日となった。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 折れそうな心を責任感で奮い立たせた。5000メートルのスタートラインに立った33歳。見る側も胸を締め付けられそうなほど、表情に不安を滲ませた。「棄権しよう」。レース前から弱気な自分が表れた。選手紹介のアナウンスを受けた直後、両手でパン、パンと頬を叩いた。覚悟は決まったか。1万メートル日本記録保持者が2種目の内定へ走り出した。

 20歳の廣中が先頭でレースを引っ張る展開。新谷は3番手で600メートルを通過した。9分4秒で3000メートルを通過した廣中に食らいつく。しかし、差は開いていった。田中希実(豊田自動織機TC)にも抜かれ、4番手に後退。「ファンの皆さんには申し訳ないけど、途中で離されて正直諦めようかなと思った」。田中はわずか30分前に800メートルを終えたばかり。21歳の背中を見て思った。

「(棄権は)この子に失礼なんじゃないか。私は5000メートル一本だぞ、と。あの子がいてくれたことも大きかったし、廣中さんも、参加標準記録を目指す萩谷(楓)さん、同じチームの(佐藤)早也伽ちゃんもいて、みんなが五輪を狙ってきている。この大会で諦めることがどれだけ失礼なことなのか、正された気がした。そこでもう一度、挽回しました」

 ペースを上げた。3位以内なら五輪内定。前を走る選手の背中を捉え、4番手から残ったスタミナを燃やした。廣中から8秒04後に2位でフィニッシュ。五輪切符を掴みとると、廣中とがっちり握手を交わし、抱き合った。

 ただ、全く納得していない。会見の第一声は「私は常々100か0しか考えていない人間。今日のレースは簡単に言いますと、0点だった」。結果主義者の厳しい自己評価。レース前に弱気になった心境を吐き出すと、涙が止まらなくなった。

「寸前に『棄権しよう』と、ずっと横田(真人)コーチとかに逃げ腰で言っていた。本当に棄権しようと思うくらい追い込まれていた。私は今年になって結果を全く出していない。結果を出さないといけないアスリートとしては、今の状況は五輪に関係なく焦りがある。どこも痛くないし、調子も悪くないので棄権する理由がないんですけど、棄権しようという気持ちになった。

 でも、ここで逃げる形で棄権したら、(所属の)積水化学、(スポンサーの)明治、アース製薬が私に懸けてくださったものを失ってしまう。棄権しようと何度も思ったけど、戦わなきゃって。五輪なんてもっと怖いだろうし、ここで我慢して耐えるんだと。最低限、最後まで走り切れて本当によかったです」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集