[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、抜け目ない“右前二塁打”に現地解説も絶賛「多くはシングルで満足でしょう」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、敵地レイズ戦に「1番・DH」で先発出場。3回の第2打席では“右前”への適時二塁打を放った。難なく二塁を陥れる、好走塁の瞬間を現地メディアが動画付きで公開。現地の実況席からは「大谷のクレイジーなスピード」などと驚きの声が上がっている。

崔志萬と会話する大谷翔平【写真:AP】
崔志萬と会話する大谷翔平【写真:AP】

大谷の好走塁にグビザ氏「クレイジーなスピードですよ」

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、敵地レイズ戦に「1番・DH」で先発出場。3回の第2打席では“右前”への適時二塁打を放った。難なく二塁を陥れる、好走塁の瞬間を現地メディアが動画付きで公開。現地の実況席からは「大谷のクレイジーなスピード」などと驚きの声が上がっている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 大谷は走塁も抜け目がない。2点ビハインドの3回無死一、三塁での第2打席。左腕マクラナハンの外角低めいっぱいのスライダーに食らいついた。やや体勢を崩されながらも放った打球は芝で高く弾み、一塁手・崔志萬が伸ばしたグラブの上を越えて右前へ。一気に二塁を陥れるタイムリー二塁打となった。

 大谷の好走塁に、現地の実況席も注目している。米ロサンゼルス地元放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」公式ツイッターが実際の映像を公開しているが、その中で実況アナウンサーは「頭を越してライトへ! 二塁へ! ショウヘイのバウンドする二塁打でエンゼルスが1点を返した」と伝えれば、エンゼルスOBの解説者マーク・グビザ氏も「ショウヘイ・オオタニのクレイジーなスピードですよ。ほとんどの打者がシングルヒットで満足でしょう。でも彼は二塁打を考えていました」と次の塁を狙う姿勢を評価している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集