[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

田中希実、異例のレース間35分で各3位「二度とない」 3日間4レースで計8100mの力走

東京五輪代表の最終選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権最終日が27日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子5000メートルで東京五輪代表に内定している田中希実(豊田自動織機TC)は、女子800メートル決勝で2分4秒47の3位。その後に行われた5000メートル決勝にも出場し、15分18秒25で3位に入った。

3日間で4レース、計8100メートルを走り終えた田中希実【写真:編集部】
3日間で4レース、計8100メートルを走り終えた田中希実【写真:編集部】

陸上・日本選手権

 東京五輪代表の最終選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権最終日が27日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子5000メートルで東京五輪代表に内定している田中希実(豊田自動織機TC)は、女子800メートル決勝で2分4秒47の3位。その後に行われた5000メートル決勝にも出場し、15分18秒25で3位に入った。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 異例のレース間で2種目に臨んだ。田中はまず、午後4時15分開始の800メートル決勝に出場。優勝した卜部蘭(積水化学)に及ばなかったが3位に入った。続けて4時50分開始の5000メートルにも参戦。3000メートルを通過した後から廣中璃梨佳(日本郵政グループ)らに引き離されるも、粘って3位に入った。

 2種目のスタート間はわずか35分。800メートルを走り終えた後、5000メートルの出場を判断する予定としていたが、結局両方に出た。「800の後の足は、(25日に優勝した)1500の足より、なぜか動いた。無理して動かした800じゃなかったのが、まだいけるという気持ちに繋がったのかな」と話した。

 それぞれの結果については「800メートルの3位は悔しかったが、5000は最後粘っての3位だったので嬉しい」。800メートルでは残り150メートルから仕掛けたものの、スピードある他の選手には付いて行けなかったと振り返り「その中でベストを出せたが、順位は悔しかった」と話した。

 一方、5000メートルでは「走りながら修正しようと思ったが、思いのほか先頭集団に付いて行けた。気持ちを乗せながら走ることができた」と予想以上に状態が良かったと明かした。既に代表権を得ている種目だったこともあり「勝負しないでいいという部分で、楽しんで今までにないくらいフレッシュな気持ちで走れた」と満足そうに頷いた。

 今回の日本選手権では3日間で4レース、計8100メートルを走った。「五輪も今回と違った過密スケジュールになる。今日1日の短いスパンで走れたのが、五輪に活きてくるんじゃないかと思う」とこの経験を前向きにとらえている。「今日みたいなスケジュールの日は二度とないかもしれない。ずっと思い出にもなりますし、経験にもなるような日かなと思う」。ハードな日本選手権最終日を終え、表情は明るかった。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集