[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 国内最強ペアの強さ、再び― タカマツペア、「女王復活」を告げる“勝ち切る姿”

国内最強ペアの強さ、再び― タカマツペア、「女王復活」を告げる“勝ち切る姿”

バドミントンの国内リーグS/Jリーグは4日に墨田区総合体育館で最終日を行い、女子は日本ユニシスが6勝1敗で2年ぶり5度目(前身の日本リーグ時代を含む)の優勝を飾った。

バドミントンの高橋礼華・松友美佐紀組、「タカマツ」ペア【写真:平野貴也】
バドミントンの高橋礼華・松友美佐紀組、「タカマツ」ペア【写真:平野貴也】

国内リーグS/Jリーグ、フクヒロペア撃破で日本ユニシスV「みんなで勝ち取った優勝」

 バドミントンの国内リーグS/Jリーグは4日に墨田区総合体育館で最終日を行い、女子は日本ユニシスが6勝1敗で2年ぶり5度目(前身の日本リーグ1部を含む)の優勝を飾った。5勝1敗で並ぶ再春館製薬所と対戦した最終日は、第1ダブルスで高橋礼華、松友美佐紀組の「タカマツ」ペアが、2-1の逆転で福島由紀、廣田彩花組の「フクヒロ」ペアを破って勝利。続くシングルスで、高橋礼華の妹、高橋沙也加が世界ランク2位の山口茜を2-1で破って優勝を決めた。6勝1敗で北都銀行と並んだが、マッチ率で上回った。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 第1ダブルスは、最新の世界ランクで2位(高橋、松友組)と4位(福島、廣田組)というワールドクラスの注目対決となった。前回の対戦は、昨年末に行われた全日本総合選手権の決勝で、勝った福島、廣田組が初優勝を飾った。この日も勢いは、福島、廣田組にあった。第1ゲームを21-16で勢い良く先取すると、第2ゲームは中盤以降に追いつき、15-19から5点連取で20-19としてマッチポイントを迎えた。しかし、土壇場でも冷静さを失わなかった高橋、松友組が同点に持ち込んで22-20で取り返すと、ファイナルゲームは高橋、松友組が序盤のリードを保って21-17で押し切り、逆転勝利を収めた。

 高橋は「先々週から2週間の海外遠征で、良い手応えをつかみ取って、今大会に挑めたので(勝って)シングルス、第2ダブルスに良い形で回すことができて良かった。みんなで勝ち取った優勝」と喜んだ。高橋、松友組は2016年のリオデジャネイロ五輪で金メダルを獲得した後、2017年シーズンはモチベーションの低下という悩みを抱えて苦しんだ。昨年末の全日本総合選手権で敗れた際には、高橋が涙を流す場面もあった。しかし、今季最初の海外遠征は、マレーシアマスターズで8強入りした後、インドネシアマスターズで優勝。2018年シーズンは、好スタートを切った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー