[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「辛いと感じた時期もあった」― 高橋沙也加が歓喜の瞬間、潤ませた瞳のワケ

「辛いと感じた時期もあった」― 高橋沙也加が歓喜の瞬間、潤ませた瞳のワケ

バドミントンの国内リーグS/Jリーグは4日に墨田区総合体育館で最終日を行い、女子は日本ユニシスが2年ぶり5度目(前身の日本リーグ1部を含む)の優勝を飾った。5勝1敗で並ぶ再春館製薬所と対戦した最終日は、第1ダブルスで高橋礼華、松友美佐紀組が、2-1の逆転で福島由紀、廣田彩花組を破って勝利。続くシングルスで、高橋礼華の妹、高橋沙也加が最新世界ランク2位の山口茜を2-1で破り、優勝を決めた。北都銀行と6勝1敗で並んだが、マッチ率で上回った。日本ユニシスは、女子シングルスのエースで昨年の世界選手権を制した奥原希望が負傷を抱えているため1試合も出場しなかったが、高橋沙の活躍で再春館製薬所の連覇を阻んで栄冠を手にした。

優勝を達成した高橋沙也加【写真 : 平野貴也】
優勝を達成した高橋沙也加【写真 : 平野貴也】

奥原欠場の日本ユニシスV…高橋姉妹が頂上決戦で連勝、躍動の妹・沙也加は涙

 バドミントンの国内リーグS/Jリーグは4日に墨田区総合体育館で最終日を行い、女子は日本ユニシスが2年ぶり5度目(前身の日本リーグ1部を含む)の優勝を飾った。5勝1敗で並ぶ再春館製薬所と対戦した最終日は、第1ダブルスで高橋礼華、松友美佐紀組が、2-1の逆転で福島由紀、廣田彩花組を破って勝利。続くシングルスで、高橋礼華の妹、高橋沙也加が最新世界ランク2位の山口茜を2-1で破り、優勝を決めた。北都銀行と6勝1敗で並んだが、マッチ率で上回った。日本ユニシスは、女子シングルスのエースで昨年の世界選手権を制した奥原希望が負傷を抱えているため1試合も出場しなかったが、高橋沙の活躍で再春館製薬所の連覇を阻んで栄冠を手にした。

【特集】「新たな夢を与えてください」日本ラグビーが成長し続けるために必要なこと / ラグビー エディー・ジョーンズ氏(GROWINGへ)

 長身サウスポーの高橋沙は強打が持ち味だが、序盤から相手を走らせる展開で主導権を握った。粘り強く、倒れ込みながらも好レシーブを見せる山口のプレーに観衆は沸いたが、高橋沙は焦らずに対応。第2ゲームは終盤で17-16から5連続失点で失ったが、ファイナルゲームは13-11から6連続得点で一気に引き離し、21-12で押し切った。勝利が決まるとコートに寝転び、ガッツポーズで起き上がった。強敵を撃破して姉やチームメートとハイタッチを交わし、スタンドの声援に応えると感極まって瞳を潤ませた。日本ユニシスは、強敵相手に高橋姉妹が飾った連勝で試合の勝利が確定。北都銀行と成績で並ぶ可能性があったが、マッチ率で上回ることが確実で、優勝が決まった。

 高橋沙は「1月から4週間(連戦)というきつい戦いがあった。奥原のケガもあって、辛いと感じたり、自分が何とかしなければと思ったりした時期もあった。ただ、今日の最終戦は、何が何でも勝ちたいという思いと、もっとチームに貢献して優勝したいという思いがほかのチームより強くて優勝できたと思う。きついときや苦しいときにチームのみんなが支えてくれた。みんなで優勝できて本当に良かった」とプレッシャーと戦った日々を振り返り、笑顔を見せた。

 1月14日からは4週連続で試合があり、埼玉、京都、長野、東京と遠征を重ねる中、日本ランク上位の三谷美菜津(NTT東日本)、鈴木温子(ヨネックス)を破り、さらに日本A代表の川上紗恵奈(北都銀行)と山口にも勝ち、全7戦中5戦でシングルスを任されて全勝。日本ユニシスの優勝に大きく貢献し、女子の部の最高殊勲選手賞を受賞した。今季は日本代表メンバーから漏れて悔しい思いをしているが、与えられた舞台で結果を残して存在感を示した。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー