[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

POで惜敗の畑岡奈紗、快挙の笹生を称賛「優花ちゃんの攻めのプレーが素晴らしかった」

 女子ゴルフの海外メジャー、全米女子オープンは6日(日本時間7日)、米カリフォルニア州のオリンピック・クラブ(6457ヤード、パー71)で最終日が行われた。1打差2位から出た笹生優花(ICTSI)は3バーディー、1ボギー、2ダブルボギーの73で回り、通算4アンダーで並んだ畑岡奈紗(アビームコンサルティング)とのプレーオフに突入。3ホール目でバーディーを奪い、大会史上最年少の19歳351日で日本女子3人目のメジャー制覇を成し遂げた。敗れた畑岡はホールアウト後のインタビューで悔しさを滲ませながら勝者を称えていた。

畑岡奈紗【写真:AP】
畑岡奈紗【写真:AP】

全米女子オープン最終日

 女子ゴルフの海外メジャー、全米女子オープンは6日(日本時間7日)、米カリフォルニア州のオリンピック・クラブ(6457ヤード、パー71)で最終日が行われた。1打差2位から出た笹生優花(ICTSI)は3バーディー、1ボギー、2ダブルボギーの73で回り、通算4アンダーで並んだ畑岡奈紗(アビームコンサルティング)とのプレーオフに突入。3ホール目でバーディーを奪い、大会史上最年少の19歳351日で日本女子3人目のメジャー制覇を成し遂げた。敗れた畑岡はホールアウト後のインタビューで悔しさを滲ませながら勝者を称えていた。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 畑岡は6打差の6位からスタート。4つスコアを伸ばして笹生とのプレーオフ、日本勢対決に持ち込んだが、3ホール目で惜敗した。

 悲願のメジャー初Vはならなかったが、22歳はさばさばした表情で「今日はスタートからバーディーをとれて、この難しいセッティングの中でアンダーで終われたのは良かったのかなと。気持ちを切らさずにできたと思います」と振り返った。

 優勝した笹生に対しては「優花ちゃんとはジュニアの時から同じフィールドで戦ってきた。簡単には勝たせてくれないなと思っていた。優花ちゃんの攻めのプレーが素晴らしかったです」と称えた。

 目標としてきた大舞台で堂々の2位。「悔しい気持ちのほうが大きいがこれから試合も続くのでしっかり調整していきたい」と再び前を見据えた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集