[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平に広がる同情 首傾げたストライク判定に「酷い」「ふざけてる?」の声

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、ツインズとのダブルヘッダー第2試合に「2番・DH」でスタメン出場。第3打席では自信を持って見逃すも、ストライクと判定され打席では首をかしげるシーンも。実際の映像を米投球分析家が公開すると、米ファンからは「審判に説明責任を」などと不満の声が上がっていたが、さらに反響が広がっている。

ノーヒットに終わった大谷翔平【写真:Getty Images】
ノーヒットに終わった大谷翔平【写真:Getty Images】

微妙なボールを見逃すもストライク判定、米ファンから同情の声

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、ツインズとのダブルヘッダー第2試合に「2番・DH」でスタメン出場。第3打席では自信を持って見逃すも、ストライクと判定され打席では首をかしげるシーンも。実際の映像を米投球分析家が公開すると、米ファンからは「審判に説明責任を」などと不満の声が上がっていたが、さらに反響が広がっている。

【注目】元日本代表DF田中マルクス闘莉王が漢を感じる熱いプレー 川崎22歳の芸術弾を選んだワケとは

 このコースをストライクとされると、打者としては辛い。2点を追う6回、大谷が先頭で迎えた第3打席だ。左腕のロジャースと対峙。初球、2球目と外角へ逃げていくスライダーを見逃したが、続けてストライク判定。納得いかなかったか、背番号17は思わず首を傾げていた。

 映像で確認すると、ストライクゾーンからは外れているようにも見える微妙なコース。追い込まれた大谷は4球目でも外寄りのスライダーにスイングアウト。3打席連続三振に終わった。

 大谷が微妙な判定に首をかしげる実際の映像を「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏が自身のツイッターで公開。「ショウヘイ、あなたにCB・バックナー(この日の球審)を紹介します。これが彼のすることです」と添えると、米ファンからは不満の声とともに同情も広がっている。

「CB酷いよ」
「ふざけているのか?」
「酷い判定」
「ショウヘイにそんなことしないで」
「ショウヘイのガッカリした顔」
「ダメダメだ」

 ダブルヘッダーの第1試合は今季初めて欠場した大谷。第2試合は3打数無安打でチームは3-6で敗れた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集