[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平を最大限生かすには? 米識者4人が激論「クローザーだ」「打者専念すべき」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、ツインズとのダブルヘッダー第2試合に「2番・DH」でスタメン出場。3打数無安打でチームは3-6で敗れたものの、今季ここまで投打で活躍する大谷に米メディアが脚光。能力を最大限発揮するための起用方について4人の識者が持論を展開した。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

今季投打に活躍する大谷に対し、識者が持論展開

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、ツインズとのダブルヘッダー第2試合に「2番・DH」でスタメン出場。3打数無安打でチームは3-6で敗れたものの、今季ここまで投打で活躍する大谷に米メディアが脚光。能力を最大限発揮するための起用方について4人の識者が持論を展開した。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 何でもできるからこそ生まれる悩みかもしれない。大谷は今季ここまで打ってはリーグトップの14本塁打、投げては防御率2.37、45奪三振を記録。19日(同20日)のインディアンス戦では降板後に右翼の守備に就くなど、まさにオールラウンドな活躍を見せている。

 野球の本場米国をも魅了している大谷について、MLBネットワーク公式YouTubeチャンネルは「ショウヘイ・オオタニのインパクトを最大限にする方法」と題した動画を公開。同局のリポーター、ブライアン・ケニー氏とケン・ローゼンタール氏、元海兵隊でタレントのスティーブ・ウィルコス氏、マリナーズで捕手として活躍したデーブ・ヴァレ氏が大谷の起用法について議論している。

 ヴァレ氏は「彼はユニークな選手で、フィールド上でできないことはない」と大谷を称賛した上で「中5日でこれをできる? 中8日ならどうだろうか。これはワールドシリーズに行くチームではない。5日でなく8日おきにチームを良くし、攻撃面ではDHで活躍してくれるならどうだろうか」と懸念を示した。

 さらに「先発の価値は分かっている。でも5人は必要。クローザーで使うことができたら、より能力を頻繁に発揮することができる。シーズンを通してインパクトはより大きいかもしれない」と提案。すると、ローゼンタール氏がこう反論した。

「なぜリミットを設けるんだ。もしシーズン前にリミットを設けていたら、我々がこれ(二刀流での好成績)を予想することはなかった」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集