[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

暫定首位・原英莉花、3連続バーディー後に中断…残り15ホールでV争い「気合い入れる」

女子ゴルフの国内ツアー・ほけんの窓口レディース第2日が15日、福岡CC和白C(6335ヤード、パー72)で行われていたが、天候の回復が見込めないためサスペンデッドとなった。3打差7位で出た原英莉花(日本通運)は3連続バーディー発進し、通算6アンダーで暫定首位としたところで中断。16日に残りが行われ、36ホールの短縮競技となる。

原英莉花はスタート前の練習場で笑顔を見せていた【写真:浜田洋平】
原英莉花はスタート前の練習場で笑顔を見せていた【写真:浜田洋平】

ほけんの窓口レディース第2日

 女子ゴルフの国内ツアー・ほけんの窓口レディース第2日が15日、福岡CC和白C(6335ヤード、パー72)で行われていたが、天候の回復が見込めないためサスペンデッドとなった。3打差7位で出た原英莉花(日本通運)は3連続バーディー発進し、通算6アンダーで暫定首位としたところで中断。16日に残りが行われ、36ホールの短縮競技となる。

【注目】元日本代表DF田中マルクス闘莉王が漢を感じる熱いプレー 川崎22歳の芸術弾を選んだワケとは

 原は勢いよく飛び出した。出だしの1番パー5は残り65ヤードの第3打を2メートル半につけてバーディー。2番は7メートルのバーディーパットを沈め、3番は残り88ヤードから3メートルにつけて3連続バーディーだ。4番パー5は第1打を左に曲げ、第2打は出すだけ。150ヤードを残した第3打の前に中断となった。

 福岡市内の会場では午前9時過ぎから雨が降り始め、10時前には大雨に。雷も鳴り、10時2分に中断のホーンが鳴った。淺井咲希、有村智恵、吉田優利も6アンダーで暫定首位。9時10分スタートの原は「今日は出だしからバーディーを獲れて凄くいいリズムで3ホールを終えられた。楽しく回れた。待ち疲れたので、ちょっと休憩して練習して準備したい。凄く気合いを入れて残り15ホールを頑張りたい」と切り替えた。

 昨年は10月に日本女子オープン、11月にJLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップを制し、国内メジャー2連勝。3連勝のかかった前週は54位だった。最終日の後に師匠の尾崎将司を訪問。スイングをチェックしてもらった。「このままじゃ優勝とは言ってられないし、優勝争いもできないくらいへこんでいた。“神頼み”みたいな感じで行きました。先週より良くなりました」と復調の手応えを掴んだ。

 19年は4位に入った大会。今年初Vも期待される中、「攻めのプレーはしたいけど、15ホールしかないので勝負所を見誤らないようにしないといけない。自滅は嫌。攻めようと思っても、自分の中で熱くなりすぎないようにしないといけない。最後の4、5ホールが勝負。そこまでにいいプレーで流れを持っていく」と先を見据えた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集