[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

高橋彩華、悲願の初V王手 3打差単独首位キープ、2位に西村優菜、大里桃子、西郷真央

女子ゴルフの2021年国内メジャー初戦・ワールドレディスサロンパスカップ第3日が8日、茨城GC東C(6630ヤード、パー72)で行われた。22歳の高橋彩華が3バーディー、ボギーなしの69で回り、通算12アンダーで単独首位をキープ。渋野日向子らと同じ1998年度生まれの黄金世代の一人が、悲願の初優勝へ王手をかけた。

高橋彩華【写真:Getty Images】
高橋彩華【写真:Getty Images】

国内メジャー初戦・ワールドレディスサロンパスカップ第3日

 女子ゴルフの2021年国内メジャー初戦・ワールドレディスサロンパスカップ第3日が8日、茨城GC東C(6630ヤード、パー72)で行われた。22歳の高橋彩華が3バーディー、ボギーなしの69で回り、通算12アンダーで単独首位をキープ。渋野日向子らと同じ1998年度生まれの黄金世代の一人が、悲願の初優勝へ王手をかけた。

【特集】偉業を後押しした心の支え 金メダリストが感謝する応援のチカラ / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 高橋は前週までの9試合で首位発進が2度、2位発進が1度と好スタートを繰り返し、3週前は第2日に首位に立った。しかし、最終日に崩れて15位。9試合で3位が2度あったが、黄金世代10人目の優勝にはあと一歩で届いていない。今年最初の国内メジャー。絶好の位置で最終日を迎える。

 3打差の2位に西村優菜、大里桃子、西郷真央が続いた。4打差の5位で笠りつ子、臼井麗香、岡山絵里、上田桃子が追う展開。金田久美子、ユン・チェヨン、山城奈々が7アンダーの9位につけた。

 賞金女王の鈴木愛が6アンダーの12位、今年9戦4勝の稲見萌寧は5アンダーの13位、小祝さくらは2アンダーの24位、原英莉花はイーブンパーの36位とした。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集