[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平より先に最速10号 絶好調23歳の124m弾に米興奮「逆方向に素晴らしい本塁打」

米大リーグ、ブレーブスのロナルド・アクーニャJr.外野手が4日(日本時間5日)のナショナルズ戦でメジャー最速の10号弾を放った。エンゼルス・大谷翔平投手より先に到達した飛距離407フィート(約124メートル)の一発を球団公式ツイッターが公開すると、米ファンからは「こいつはマジでやばい」「逆方向に素晴らしい本塁打」などと称賛の声が上がっている。

大谷より先に10号を放ったロナルド・アクーニャJr.【写真:AP】
大谷より先に10号を放ったロナルド・アクーニャJr.【写真:AP】

ブレーブス・アクーニャJr.がMLB最速で10号到達

 米大リーグ、ブレーブスのロナルド・アクーニャJr.外野手が4日(日本時間5日)のナショナルズ戦でメジャー最速の10号弾を放った。エンゼルス・大谷翔平投手より先に到達した飛距離407フィート(約124メートル)の一発を球団公式ツイッターが公開すると、米ファンからは「こいつはマジでやばい」「逆方向に素晴らしい本塁打」などと称賛の声が上がっている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 絶好調男アクーニャJr.のバットが止まらない。5回1死、ナショナルズ右腕ロスの見逃せばボールの外角95マイル(約153キロ)の直球を逆らわずに叩いた。打球は力強く伸び、右中間スタンドに着弾した。力強く右手を掲げるアクーニャJr.。この日の試合前の時点で大谷ら5選手が9本で並んでいたが、メジャー最速で10号に到達した。

 飛距離407フィート、打球速度105.1マイル(約169.1キロ)の一撃にブレーブスは「現在のMLBホームラン王」と動画付きで脚光を浴びせると、現地ファンからは「こいつはマジやばい」「MVP行ける」「この男が何をしてももう驚かない」「別世界の人間だ」「最高の選手。異論は受け付けない」「逆方向に素晴らしい本塁打だ」「良い球とコースだと思うのにクレイジーだ」などと称賛の嵐が吹き荒れている。

 23歳のアクーニャJr.は4月の月間MVPを受賞。この試合前まで打率.333、20打点、OPS1.139と絶好調だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集