[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平が「ウォーッ!」と悶絶 登板前日の死球に米悲鳴「お願いだから当てないで」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は2日(日本時間3日)、敵地でのマリナーズ戦に「2番・DH」でスタメン出場。3打数無安打に終わったが、自身初の1試合2盗塁を決めた。3日(同4日)には先発登板を控える中で、第1打席では右ひじに死球を受けて苦悶の絶叫。ヒヤリとする瞬間を米記者が動画付きで公開すると、米ファンからは悲鳴が上がっている。

「2番・DH」でスタメン出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
「2番・DH」でスタメン出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

第1打席で利き手の右ひじに死球…米ファンからは心配の声

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は2日(日本時間3日)、敵地でのマリナーズ戦に「2番・DH」でスタメン出場。3打数無安打に終わったが、自身初の1試合2盗塁を決めた。3日(同4日)には先発登板を控える中で、第1打席では右ひじに死球を受けて苦悶の絶叫。ヒヤリとする瞬間を米記者が動画付きで公開すると、米ファンからは悲鳴が上がっている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 よほど痛かったのだろう。初回の第1打席だ。左腕シェフィールドの投球が右ひじを直撃。プロテクターに守られてはいたが、大谷は思わず「ウォーッ!」と叫び声を上げ、苦悶の表情を浮かべた。利き手の右ひじへの直撃だっただけに心配されたがプレーを続行。この後に二盗&三盗を決めている。

 大谷が死球を受け絶叫する瞬間を米紙「ロサンゼルスタイムズ」のジャック・ハリス記者は「ショウヘイ・オオタニは死球を受けた後も試合に残っている。これがリプレー。ボールがパッドに当たっている」との文面で動画付きで公開。SNS上のファンは悲鳴を上げている。

「お願いだからショウヘイ・オオタニに当てないで。彼は極めて重要だから」
「本当にショウヘイが当てられるのは見たくない。大丈夫そうだけど」
「1回に肘に死球を受けたから、多分明日は投げないだろうな」
「トラウトかオオタニに当てた者は、重罪で起訴されるべき」
「オオタニは見逃せない。死球受けて、二盗、三盗。彼は信じられないね(笑)」
「オオタニに当てたら即時退場になるべき」

 3日の先発登板は朝の様子を見て判断するようだが、投球に影響がないことを祈るばかりだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集