[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

V8寺地拳四朗、父が見た復帰までの苦しみ 「減量も決して楽ではない。声が全然違う」

ボクシングのWBC世界ライトフライ級(48.9キロ以下)タイトルマッチが24日、大阪・エディオンアリーナ大阪で行われ、王者・寺地拳四朗(BMB)が挑戦者の同級1位・久田哲也(ハラダ)に3-0で判定勝ちし、8度目の防衛に成功した。日本ジム所属の世界王者では歴代6位タイの連続防衛。飲酒トラブルによる処分明け最初の試合で強さを見せ、ジム会長の父・永(ひさし)氏は息子の復帰を振り返った。観衆は2200人。

控室で復帰までの道のりを振り返った寺地拳四朗【写真:浜田洋平】
控室で復帰までの道のりを振り返った寺地拳四朗【写真:浜田洋平】

WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ

 ボクシングのWBC世界ライトフライ級(48.9キロ以下)タイトルマッチが24日、大阪・エディオンアリーナ大阪で行われ、王者・寺地拳四朗(BMB)が挑戦者の同級1位・久田哲也(ハラダ)に3-0で判定勝ちし、8度目の防衛に成功した。日本ジム所属の世界王者では歴代6位タイの連続防衛。飲酒トラブルによる処分明け最初の試合で強さを見せ、ジム会長の父・永(ひさし)氏は息子の復帰を振り返った。観衆は2200人。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 寺地が王者としてベルトを守り切った。硬さが見られた序盤の空気を切り裂いたのは2回。フック気味に右が炸裂した。顎を捉えてダウンを先取。中盤は覚悟を決めた挑戦者に圧力をかけられ、被弾する場面も。それでも的確にパンチを当て続け、終盤は本来の打たせずに打つスタイルを見せてペースを掌握。日本人現役世界王者最多の防衛数を誇る男が実力を見せつけた。

 昨年7月の飲酒トラブルが秋に公となり、12月に予定していた久田戦が延期に。日本ボクシングコミッション(JBC)から3か月のライセンス停止処分に加え、6か月で48時間以上200時間以内の社会貢献活動を義務付けられた。リング上のインタビューで支えてくれた人に感謝を伝えて涙。「ボクシングを続けられて本当に幸せ」と細々とした声で振り絞った。

「吹っ切れていたと思っていたけど、やっぱり心の底には残っていたんですね」と、リングサイドから王者を見守っていたのは父・永会長だ。トラブルを起こした後、ともに謝罪した。息子の「ボクシングはもう終わったと思った」という言葉も近くで聞いた。自身も元東洋太平洋ライトヘビー級王者。ボクシングの厳しさを知るからこそ、リングで涙した心情を慮った。

 寺地は17年にも久田と日本タイトルマッチを予定していたが、自身の世界挑戦で試合をキャンセルした。昨年末と合わせて2度待たせた形に。自身は1年4か月のブランクが空いたが、計量失敗で三度中止なんて洒落にならない。体重は加齢で落ちにくくなるとされる。永会長は、リミット48.9キロより300グラム多めに落とした息子の苦しみを見ていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集