[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ダルビッシュの変化球は「ゲームの世界」 横滑り153kmにネット衝撃「誰が打てる?」

米大リーグ・パドレスのダルビッシュ有投手は23日(日本時間24日)、ドジャース戦に先発して7回4安打1失点と好投し、今季2勝目を挙げた。変化量、キレ共に凄まじいスライダーとツーシームの投球動画を、米国の投球分析家がSNSに公開。強力な2球種に米ファンからは「魔法だ」などとコメントが寄せられていたが、日本のファンからも「これおかしいだろw」「ゲームの世界やな」などと驚きの声があがっている。

今季2勝目を挙げたダルビッシュ有【写真:AP】
今季2勝目を挙げたダルビッシュ有【写真:AP】

ドジャース戦で7回1失点、今季2勝目マーク

 米大リーグ・パドレスのダルビッシュ有投手は23日(日本時間24日)、ドジャース戦に先発して7回4安打1失点と好投し、今季2勝目を挙げた。変化量、キレ共に凄まじいスライダーとツーシームの投球動画を、米国の投球分析家がSNSに公開。強力な2球種に米ファンからは「魔法だ」などとコメントが寄せられていたが、日本のファンからも「これおかしいだろw」「ゲームの世界やな」などと驚きの声があがっている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 攻略困難な球だ。6回2死走者なし、ダルビッシュは左打者リオスに対し、初球は内角に切れ込むスライダーを投じた。キレのいい球は、最終的には打者の膝の位置、完全なボールゾーンへと変化しているが、リオスは空振りした。追い込んでからの5球目、今度は内角から真ん中へ滑るように動くツーシーム。初球とは逆方向へ変化する153キロに、手が出ない。見事に見逃し三振を奪った。

 ダルビッシュが投じた2球の実際の映像を、「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏が自身のツイッターに公開。文面では「ユウ・ダルビッシュの82マイル(約132キロ)のスライダーと95マイル(約153キロ)のツーシーム。別映像と同時映像」と紹介している。米ファンからは「魔法のよう」「狂気だ」などと反響が寄せられていたが、日本のファンからも驚きの声があがっている。

「これおかしいだろw」
「ゲームの世界やな」
「初球の曲がり幅がレベチ」
「素人目でも分かる変化量」
「異次元のスライダー」
「バッター的にはこんなんどないもならん」
「誰が打てるんだよ笑」
「途中まで軌道一緒やん」

 ドジャースの好投手、カーショーとの投げ合いを制したダルビッシュ。度々注目される変化球が、またも話題となっていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集