[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

カヌー薬物混入、五輪戦士も衝撃「渡された飲み物は飲むな」「国内でこんな事が…」

昨年9月に行われたカヌーのスプリント日本選手権で鈴木康大(福島県協会)が大会中に小松正治(愛媛県協会)の飲み物に禁止薬物を混入させ、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)が8年間の資格停止処分を科した前代未聞の事件はスポーツ界に衝撃が広がっている。

ライバルの飲み物に禁止薬物を混入させた事件は大きな波紋を呼んでいる【写真:Getty Images】
ライバルの飲み物に禁止薬物を混入させた事件は大きな波紋を呼んでいる【写真:Getty Images】

鈴木康大がライバル選手に禁止薬物混入…為末大氏、萩原智子さんら反応

 昨年9月に行われたカヌーのスプリント日本選手権で鈴木康大(福島県協会)が大会中に小松正治(愛媛県協会)の飲み物に禁止薬物を混入させ、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)が8年間の資格停止処分を科した前代未聞の事件はスポーツ界に衝撃が広がっている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 五輪を経験した元トップ選手はツイッター上で続々と声を上げている。

 陸上の世界選手権400メートル障害銅メダリスト・為末大氏は「誰かから渡された飲み物は飲むな。ペットボトルはかならず開けた時に音がするか確かめろと言われたな」と自身の経験談を披露している。

 競泳のシドニー五輪代表・萩原智子さんも「地元開催の五輪は、良くも悪くも人の心を変化させてしまうのかなぁ」とした上で「現役の頃は、新しいペットボトルの蓋を自分で開けて飲みなさいって注意されてた。自分の身は自分で守る、徹底ですね」と為末氏同様の自衛策を明かした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集