[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • カヌー薬物混入、波紋は海外メディアに拡大「世界最悪の同僚がライバルに混入」

カヌー薬物混入、波紋は海外メディアに拡大「世界最悪の同僚がライバルに混入」

昨年9月に行われたカヌーのスプリント日本選手権で鈴木康大(福島県協会)が大会中に小松正治(愛媛県協会)の飲み物に禁止薬物を混入させ、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)が8年間の資格停止処分を科した事件の波紋は日本のみならず、海外に拡大。「世界最悪のカヌー同僚」と報じられるなど、衝撃が広がっている。

ライバル選手に禁止薬物混入…海外で続々報道「日本のカヌー選手が8年間出場停止」

 昨年9月に行われたカヌーのスプリント日本選手権で鈴木康大(福島県協会)が大会中に小松正治(愛媛県協会)の飲み物に禁止薬物を混入させ、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)が8年間の資格停止処分を科した事件の波紋は日本のみならず、海外に拡大。「世界最悪のカヌー同僚」と報じられるなど、衝撃が広がっている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 ライバルに禁止薬物混入という前代未聞の事件は、海外でも驚きをもって受け止められている。

 米紙「ワシントンポスト」は「世界最悪のカヌー同僚がライバルの飲み物にこっそり混入させたことで8年間の資格停止処分」と見出しを打って特集を展開している。

 記事では、以前から「日本の報道にはカヌー競技の取り上げがやや少なすぎるという印象を持った」と指摘しながら「しかし、今は、失格にさせるためライバルの飲み物に筋肉強化剤を流し込んでいることが発覚し、8年間資格停止処分となったストーリーで、この競技の存在の見落としが拾われていくことになるだろう」とした。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー