[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

2021年国内初参戦 元世界No.1申ジエは、台頭著しい日本の若き才能をどう見ている?

女子ゴルフの国内ツアー・アクサレディスが26日から3日間、宮崎・UMKCCで行われる。25日はプロアマが行われた。2021年国内ツアー初出場の申ジエ(韓国)が会見に出席した。

申ジエ【写真:Getty Images】
申ジエ【写真:Getty Images】

10代~20代前半の若手たちを申ジエはどう見る?

 女子ゴルフの国内ツアー・アクサレディスが26日から3日間、宮崎・UMKCCで行われる。25日はプロアマが行われた。2021年国内ツアー初出場の申ジエ(韓国)が会見に出席した。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 日本勢にとって強力なライバルとなるのは間違いない。日本ツアー通算26勝で、生涯獲得賞金は10億円超。元世界ランク1位・申ジエが満を持して迎える2021年のJLPGAツアー初戦。オフの期間は昨年手術を受けた影響もあって、体力強化のためのトレーニングを重ね、体重を増やしてきたという。「日本には3週間前に来ました。このコースでも練習しました。この試合は久しぶりでいい思い出もあります」と流ちょうな日本語で話した。

 渋野日向子、小祝さくら、原英莉花らの黄金世代だけでなく、開幕2戦目を制した21歳稲見萌寧、2020年に3勝した20歳古江彩佳、同2勝の19歳笹生優花ら若手が次々台頭する日本ツアー。日米韓で50勝を超える勝利を誇る32歳の目にはどう映っているのだろうか。

「後輩たちのプレーを見ると、プレースタイルが変わったので、日本のゴルフにいい影響を与える。(これまでは)セーフティーなプレーが強かったが、アグレッシブなプレーが増えてきた。これから後輩たちのプレーが、ジュニアたちにいい影響になると思う。色々な種類のゴルフが出来るようになると思う」

 これまでのイメージを覆す、アグレッシブなプレーで魅せる若き才能の勢いを感じ取っているようだ。元世界1位は2020年も8試合で2勝と健在ぶりを証明。日本勢との真っ向勝負が楽しみだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集