[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

復活見えた4位成田美寿々 昨年12戦8度予選落ちも課題は技術「気持ちのせいじゃない」

女子ゴルフの国内ツアー・Tポイント×ENEOSが19日、鹿児島・高牧CC(6424ヤード、パー72)で開幕した。ツアー通算13勝の成田美寿々(フリー)は6バーディー、1ボギーの67で回り、5アンダーで首位と3打差の4位発進。昨年は不振に陥ったが、復活の兆しを見せた。高橋彩華(東芝)が8アンダーで単独首位。

成田美寿々は5アンダーで首位と3打差の4位発進【写真:Getty Images】
成田美寿々は5アンダーで首位と3打差の4位発進【写真:Getty Images】

Tポイント×ENEOSが開幕

 女子ゴルフの国内ツアー・Tポイント×ENEOSが19日、鹿児島・高牧CC(6424ヤード、パー72)で開幕した。ツアー通算13勝の成田美寿々(フリー)は6バーディー、1ボギーの67で回り、5アンダーで首位と3打差の4位発進。昨年は不振に陥ったが、復活の兆しを見せた。高橋彩華(東芝)が8アンダーで単独首位。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 成田が好位置でスタートを切った。8番で10メートルのバーディーパットを沈め、9番は残り105ヤードから80センチにつけて連続バーディー。10番は7メートル、12番はカラーからパターで12メートルを入れて伸ばした。13番パー5は2オン2パットでバーディー。「久々!」と声を弾ませながら会見場に現れた。

「18ホール、しっかりとやりたいことをブレずにできた。(初戦の)沖縄では一つのミスでバタバタと崩れた。沖縄で『余計なことを考えない』ということを思いつきました。『ここに上げる』だの、『下ろす』だの考えず、『ただ125ヤード打つだけの人になる』というのをルーティンにした。(2戦目の)高知はそれができたけど、パットがよくなかった。予選落ちはしたけど、手応えがありました」

 今年は2戦とも予選落ち。初戦の第2日11番では「パーフェクトシャンク」と自虐するほど、思ってもみないミスショットが出た。以降もシャンクの不安があったが「もう忘れた! もう私は何ヤード打つだけの人」と言い聞かせて切り替え。キャディーにも残り距離だけを聞くようにした。

「思考を変えた。これをルーティンにして、距離だけに集中する。打つまでも、打ちたい距離をブツブツずっと言って、先週からいいイメージでできている」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集