[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

独走V松田瑞生へ 瀬古利彦氏は補欠の東京五輪へ要求「7月まで緊張感を持ってほしい」

名古屋ウィメンズマラソンが14日、バンテリンドームナゴヤ発着の42.195キロで行われ、日本歴代7位の記録を持つ松田瑞生(ダイハツ)が自己ベストにあと4秒に迫る2時間21分51秒で初優勝した。3枠の東京五輪代表はすでに他の選手が内定済み。五輪は補欠となっている25歳が意地を見せる快走で栄冠を手にし、ゴール後には涙を流した。佐藤早也伽(積水化学)が2分41秒差で2位となった。

松田瑞生【写真:Getty Images】
松田瑞生【写真:Getty Images】

名古屋ウィメンズマラソン

 名古屋ウィメンズマラソンが14日、バンテリンドームナゴヤ発着の42.195キロで行われ、日本歴代7位の記録を持つ松田瑞生(ダイハツ)が自己ベストにあと4秒に迫る2時間21分51秒で初優勝した。3枠の東京五輪代表はすでに他の選手が内定済み。五輪は補欠となっている25歳が意地を見せる快走で栄冠を手にし、ゴール後には涙を流した。佐藤早也伽(積水化学)が2分41秒差で2位となった。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 松田は序盤からハイペースで先頭集団を引っ張った。設定より5秒速い16分34秒で5キロ地点を通過。4人の先頭集団から11キロ過ぎに福良郁美が、13キロで上杉真穂が後退し、早くも佐藤と一騎打ちとなった。15キロ地点は49分52秒で通過し、フィニッシュ予想は2時間20分17秒の好ペース。中間点は1時間10分23秒で通過し、前回大会で大会記録を出した東京五輪代表・一山麻緒(ワコール)のタイムを上回った。

 22キロ付近から徐々に佐藤を突き放し、以降は独り旅だ。強烈な向かい風を受けて時折苦しそうな表情を見せたが、30キロを過ぎると追い風に。一時は1キロ3分28秒に落ちたが、同3分17秒とペースアップ。終盤は歯を食いしばり、沿道からの声援を受けて走り抜いた。ゴールテープを切った瞬間は笑顔だったが、直後に涙を流した。

 レース後に日本陸上連盟の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーと尾縣貢専務理事が会見を行った。意地の走りに瀬古氏は「素晴らしい記録で優勝されたことにおめでとうと言いたい。松田選手は昨年3月の五輪(代表と補欠選手)の会見で一山選手の横に並んで悔し涙を流しておりました。そうとう悔しかったんだと思います。こういう悔しさをバネにして、独走してくれた。復活をしてくれた」とコメント。さらにこう続けた。

「私も感激しました。補欠という立場ですが、誰が怪我をするかもわからない。その中で良い走りをしてくれる松田選手がいれば、代表選手も安心して練習できるのではないかと。メンバーに入れる力を見せたと思う。代表選手には危機感も出てくると思います。チームジャパンが安心できる走りでした」

 五輪の補欠は松田と今大会18位の小原怜。万が一、代表選手が怪我などのアクシデントに見舞われた場合は2人が五輪代表となる。瀬古氏は「(小原、松田は補欠として)まだ順番は決めていない。これから(最終決定の)7月まではミーティングで話をして決めていく」と説明。「調子を見て、良い状態の人を送り出すのが我々の使命。いつ代わってもいいというような気持ちで7月まで緊張感を持ってやってほしい」と万全の調整を求めた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集