[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

京口紘人、念願の米デビュー戦で5回TKO! ”石頭”で相手が拳を負傷…3度目防衛成功

WBA世界ライトフライ級タイトルマッチは13日(日本時間14日)、米テキサス州ダラスで行われ、スーパー王者・京口紘人が同級10位アクセル・アラゴン・ベガ(メキシコ)に5回TKOで勝利。1年5か月ぶりの試合で3度目の防衛に成功した。京口の戦績は15勝(10KO)。ベガは14勝(8KO)4敗1分。

京口紘人【写真:Getty Images】
京口紘人【写真:Getty Images】

WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ

 WBA世界ライトフライ級タイトルマッチは13日(日本時間14日)、米テキサス州ダラスで行われ、スーパー王者・京口紘人が同級10位アクセル・アラゴン・ベガ(メキシコ)に5回TKOで勝利。1年5か月ぶりの試合で3度目の防衛に成功した。京口の戦績は15勝(10KO)。ベガは14勝(8KO)4敗1分。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 京口が念願の米デビュー戦を勝利で飾った。英興行大手マッチルーム社との契約初戦、本場のボクシングファンからも熱い視線を注がれる中、20歳で2度目の世界戦だったベガの挑戦を退けた。

 162センチの京口に対し、相手のベガは146センチ。対格差で上回る王者はジャブでじわじわと圧力をかけ、リングの中央で打ち合う展開となった。頭を下げて潜り込んでくるベガに対してやりづらそうに下がる場面もあった。

 結末は5ラウンド、突然訪れた。ベガの右フックが京口の左側頭部付近に当たった。次の瞬間、ベガは右手を痛めたようで試合続行不可能に。苦悶するベガを見てレフェリーが試合をストップした。

 京口はこれで3度目の防衛に成功。当初は昨年10月にタノンサック・シムシー(タイ)を挑戦者に迎える予定だったが、京口と陣営が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性反応を示し延期(その後中止)に。昨年12月にマッチルームと日本人で初めて複数試合契約を交わし、今回が米国初上陸だった。

 さらなるビッグマッチを求める京口には統一戦の期待も高まる。WBCは寺地拳四朗、IBFはフェリックス・アルバラード(ニカラグア)、WBOはエルウィン・ソト(メキシコ)がベルトを保持している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集