[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松田瑞生、独走初Vも悔し涙 「不甲斐ない走りで申し訳ない」「まだ実力足りない」

名古屋ウィメンズマラソンが14日、バンテリンドームナゴヤ発着の42.195キロで行われ、日本歴代7位の記録を持つ松田瑞生が自己ベストにあと4秒に迫る2時間21分51秒で初優勝した。3枠の東京五輪代表はすでに他の選手が内定済み。五輪は補欠となっている25歳が意地を見せる快走で栄冠を手にし、ゴール後には涙を流した。

松田瑞生【写真:Getty Images】
松田瑞生【写真:Getty Images】

名古屋ウィメンズマラソン、25歳松田瑞生が22キロから独り旅

 名古屋ウィメンズマラソンが14日、バンテリンドームナゴヤ発着の42.195キロで行われ、日本歴代7位の記録を持つ松田瑞生が自己ベストにあと4秒に迫る2時間21分51秒で初優勝した。3枠の東京五輪代表はすでに他の選手が内定済み。五輪は補欠となっている25歳が意地を見せる快走で栄冠を手にし、ゴール後には涙を流した。

【特集】心を一つにつかんだ銀メダル 栄光に続くチームビルディングとは / バスケットボール・髙田真希選手インタビュー(GROWINGへ)

 東京五輪代表補欠の松田と小原怜、昨年日本選手権1万メートル3位の佐藤早也伽、岩出玲亜など実力者が顔をそろえた大会。爽やかな日差しの中、松田、佐藤らの先頭集団は設定より5秒速い16分34秒で5キロ地点を通過。10キロ地点では小原、岩出らの第2集団が48秒差で追う展開となった。

 4人の先頭集団から11キロ過ぎに福良郁美が、13キロで上杉真穂が後退。早くも一騎打ちとなった松田、佐藤は15キロ地点を49分52秒で通過し、フィニッシュ予想は2時間20分17秒の好ペースを維持した。松田が気合の入った表情でぐんぐんと歩を進める一方、背中を見る形で食らいつく佐藤。中間点は1時間10分23秒で通過し、前回大会で大会記録を出した東京五輪代表・一山麻緒(ワコール)のタイムを上回った。

 3番手の上杉には1分51秒差。松田は22キロ付近から徐々に佐藤を突き放し、以降は独り旅だ。強烈な向かい風を受けて時折苦しそうな表情を見せたが、30キロを過ぎると追い風に。一時は1キロ3分28秒に落ちたが、同3分17秒とペースアップ。終盤は歯を食いしばり、沿道からの声援を受けて走り抜いた。ゴールテープを切った瞬間は笑顔だったが、直後に涙を流した。

 快走だったが、松田はゴール後のインタビューで「去年の自分を超えられず、不甲斐ない走りで終わって申し訳ありませんでした」とコメント。「競技を続けなければよかったと思う時もあったけど、たくさんの応援の声があったから今の私があると思う。自分を超えることが大前提だったので、それに向かって走りました」と心境を明かした。

 涙の理由を問われると「悔しかったです。嬉し涙を流したかったけど、まだ実力が足りない」と説明。「どん底に突き落とされたからこそ、這い上がる姿を見て少しでも多くの人に前向きな気持ちになってもらえればと思います。本当にご声援ありがとうございました」と涙を流しながら語った。

 昨年1月の大阪国際女子では、2時間21分47秒の日本歴代6位(当時)の好記録で優勝し、残り1枠だった五輪代表の最有力に躍り出た。しかし、同3月の名古屋ウィメンズで一山が松田の記録を上回って代表内定。あと一歩で五輪出場の夢が絶たれた松田は悔し涙を流した。大会前の自己ベスト2時間21分47秒は今大会出場選手最速だった。

 東京五輪代表は一山、前田穂南(天満屋)、鈴木亜由子(日本郵政グループ)の3選手。今大会、約1年半ぶりのフルマラソンに挑む予定だった鈴木は、左脚外側大腿二頭筋腱の炎症で欠場していた。

 2位は2時間24分32秒の佐藤、3位は同26分26秒の松下菜摘、4位は同26分30秒の和久夢未、5位は同26分49秒の田中華絵が続いた。岩出は同30分35秒の16位、小原は32分03秒の18位だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集