[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、初登板で圧巻5K 落ちすぎスプリットに米仰天「美しい」「打てるわけない」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、アスレチックスとのオープン戦で今季初の実戦登板。1回2/3で5奪三振、3安打1失点だった。最速は100マイル(約161キロ)を計測した一方で、スプリットもキレキレ。打者の足元に当たりそうなほど落差のあるボールで空振りを奪うシーンを、米名物セレブが動画付きで公開。現地ファンの驚きを誘っている。

1回2/3で5奪三振を記録した大谷翔平【写真:AP】
1回2/3で5奪三振を記録した大谷翔平【写真:AP】

今季初の実戦登板は1回2/3で5奪三振

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、アスレチックスとのオープン戦で今季初の実戦登板。1回2/3で5奪三振、3安打1失点だった。最速は100マイル(約161キロ)を計測した一方で、スプリットもキレキレ。打者の足元に当たりそうなほど落差のあるボールで空振りを奪うシーンを、米名物セレブが動画付きで公開。現地ファンの驚きを誘っている。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 凄まじい落ち方だった。2回1死一、二塁で大谷はカンハに対してスプリットを投じた。ストライクゾーンから内側に切れ込むようにして急激に変化。足元に当たりそうなほど落ちるボールに、カンハのバットは空を切った。

 大谷の持ち味の1つで、デビューイヤーにはメジャーの打者を苦しませてきたスプリット。「ピッチングニンジャ」の愛称で知られ、現役メジャーリーガーや米メディアからも多数フォローされている名物セレブのロブ・フリードマン氏が自身のツイッターでこの1球に脚光を浴びせている。

「ショウヘイ・オオタニのとんでもないスプリット」と添えて実際の1球を動画で公開。これに米ファンも驚いたようで、「なんてこった!」「美しい」「魔法使いのよう」「良い年にして欲しい」「彼が見られて嬉しい」「打てるわけない」「エグすぎ」などと反響のコメントが寄せられている。

 5つのアウトを全て三振で奪った大谷。まずは上々のスタートを切った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集