[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

最終ホールの悲劇 初心者級“+4のドタバタ劇”に米ファン共感「親近感めちゃ湧く」

米男子ゴルフツアー、世界選手権シリーズ初戦のWGCワークデイ選手権は26日(日本時間27日)、2日目が行われた。途中まで優勝争いを展開していた世界ランク14位ビクトル・ホブラン(ノルウェー)が最終ホールのパー4で8打の大叩き。PGAツアーの公式SNSが動画付きで公開すると、アマチュアのようなドタバタ劇に米ファンからは「親近感めちゃ湧く」などと共感が集まっている。

まさかの大失速でスコアを落としたビクトル・ホブラン【写真:Getty Images】
まさかの大失速でスコアを落としたビクトル・ホブラン【写真:Getty Images】

世界14位ホブランは最終ホールまで7バーディー快進撃も、まさかの「+4」

 米男子ゴルフツアー、世界選手権シリーズ初戦のWGCワークデイ選手権は26日(日本時間27日)、2日目が行われた。途中まで優勝争いを展開していた世界ランク14位ビクトル・ホブラン(ノルウェー)が最終ホールのパー4で8打の大叩き。PGAツアーの公式SNSが動画付きで公開すると、アマチュアのようなドタバタ劇に米ファンからは「親近感めちゃ湧く」などと共感が集まっている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 最終ホールに落とし穴が待っていた。インスタートで、8番までに7つスコアを伸ばし、首位に迫っていたホブラン。しかし最終9番で大叩きだ。フェアウェーバンカーからの第2打は大きくトップ。グリーン奥の茂みに打ち込んでしまうと、深い茂みの中からの難しいアプローチもミスショット。グリーンを超えて、バンカーに入れてしまう。

 不運は続く。スタンスが取りづらいバンカーショットはトップし、再びグリーンをオーバー。黄色ラインを超えてしまい、1罰打のペナルティ。ドロップしての第6打もミス。グリーンに乗せることができない。傾斜を転がり、グリーンの下に落としてしまう。第7打でようやくグリーンに乗せ、最後は約3メートルのパットを沈めた。

 パー4で8打の大叩き。ホールアウト後のインタビューでは苦笑いするしかなかった。初心者のような行ったり来たりのドタバタ劇を、PGAツアー公式SNSが動画付きで公開。「17ホールを終えてビクトル・ホブランは首位と2打差の7アンダーだった。18番でクアドラプルボギーを記録し、首位と6打差で終了。ゴルフは難しい」と記された投稿に、米ファンには共感が広がっている。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集