[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

難読選手「片山來夢」 スノーボードハーフパイプで平昌五輪入賞

スポーツ界にも読むのが難しい名前の選手は数多い。何て読むんだろうと思った人もいるはずだ。東京五輪開催可否に揺れる中、そんな難読選手たちを振り返る。

片山來夢【写真:Getty Images】
片山來夢【写真:Getty Images】

難読アスリートを紹介vol.2

 スポーツ界にも読むのが難しい名前の選手は数多い。何て読むんだろうと思った人もいるはずだ。東京五輪開催可否に揺れる中、そんな難読選手たちを振り返る。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 今回は「片山 來夢」。スノーボード男子ハーフパイプ日本代表として2018年平昌五輪に22歳で出場し、7位に入賞した。日本勢では銀メダルの平野歩夢(あゆむ)に次ぐ2番目の成績だった。五輪後のUSオープンでも2位に入るなど、国際舞台で活躍を続けている。

 また静岡県出身者が雪上競技で五輪に出場するのは初めてのことだった。

 気になる読み方は「かたやま らいぶ」。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集