[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

山中慎介にも挑戦 日本でゴミ収集員になった元世界王者に海外注目「同情はいらない」

ボクシングのフィリピン人元世界王者が日本でゴミ収集業に従事する異例のセカンドキャリアを過ごしている。現役時代はWBC世界フライ級王座を保持し、2013年4月にはWBC世界バンタム級王者・山中慎介氏に挑戦したボクサー。フィリピンメディアが報じている。

元世界王者の異例のセカンドキャリアに注目が集まっている(写真はイメージです)
元世界王者の異例のセカンドキャリアに注目が集まっている(写真はイメージです)

元WBC世界フライ級王者マルコム・ツニャカオさんの第二の人生とは

 ボクシングのフィリピン人元世界王者が日本でゴミ収集業に従事する異例のセカンドキャリアを過ごしている。現役時代はWBC世界フライ級王座を保持し、2013年4月にはWBC世界バンタム級王者・山中慎介氏に挑戦したボクサー。フィリピンメディアが報じている。

【注目】元日本代表DF田中マルクス闘莉王が漢を感じる熱いプレー 川崎22歳の芸術弾を選んだワケとは

 世界のベルトを巻いた選手が再脚光を浴びている。フィリピンメディア「スピン」は「ボクシングの世界王者が今やゴミ収集員に。そして、それをとても誇りにしている」という見出しで記事を掲載。注目を浴びているのは、マルコム・ツニャカオさんだ。元WBC世界フライ級王者で、真正ジムに所属した13年4月には山中氏に12回TKO負け。現在は兵庫・神戸市に住み、ゴミ収集員としてセカンドキャリアを送っているという。

「ボクシング界には、キャリアの最後に悲惨な人生を過ごす転落の王者がいるという涙の物語に溢れている。マルコム・イーグルアイ・ツニャカオのような過ちを犯してはいけない。元WBC王者が日本の神戸という町でゴミ収集員という謙虚な生活を送っていたとしても」

 記事では、プロ35勝(20KO)3敗3分けのツニャカオさんについてこう触れている。しかし、本人は「これは立派な仕事。自分としてはこの仕事に満足しているし、家族のためにここで頑張って働いているんだ」と言及。さらに「ここではゴミ収集員も人気があるんですよ。ゴミ収集車を見ると、みんな喜ぶんです。水をプレゼントされたり、お金をいただくこともあります。今朝はコーヒーとパンをもらいました」と語っているという。

 これを受けて同メディアは「メッグン・シンスラットを7回TKO勝利で倒し、22歳で世界王座に君臨した興奮の日々とはかけ離れてしまった。だが、この男に同情する必要はない」と記載。日本で過ごす元世界王者の充実したセカンドキャリアが、母国でも注目されているようだ。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集