[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ロマゴンの3年前敗北に未だに嘆き節? 母国紙「井上尚弥戦の前ぶれになるはずが…」

スタブハブ・センターは因縁の場所?、「神聖化されるはずが…」

 記事では「ニューヨークで疑惑の判定負けを喫した後、チョコラティート(ロマゴンの愛称)が神聖化されるはずの場所だった」と指摘。さらに「ナオヤ・イノウエとのミリオンダラーファイトの前ぶれとなり、WBCの115ポンド(スーパーフライ級)の世界タイトルを取り戻すチャンスだった」と説明している。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 17年9月9日、スタブハブ・センターで行われたソー・ルンビサイとの再戦で勝利すれば、ロマゴンと当時WBO同級王者だった井上尚弥(大橋)とのビッグマッチが実現したはずだったと振り返っている。

 だが、タイの実力者によもやの連敗でモンスター戦は実現せず。ゴンサレスはスーパーフライ級でタイトル奪還に成功したが、井上はバンタム級に転向。拳を交える機会は遠ざかってしまったことに対し、ロマゴンの母国メディアが未だに惜しんでいるようだ。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集