[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦、貫録の「103.53点」に海外から賛辞続々「素晴らしいSP」「おかえりユヅ!」

フィギュアスケートの全日本選手権が25日、開幕。男子ショートプログラム(SP)で五輪連覇王者・羽生結弦(ANA)は103.53点。2月の四大陸選手権以来、320日ぶりの実戦リンクで見事な演技を披露した。海外からも続々拍手が送られている。

羽生結弦(撮影は2019年)【写真:Getty Images】
羽生結弦(撮影は2019年)【写真:Getty Images】

320日ぶりの演技に海外メディア、識者らも注目していた

 フィギュアスケートの全日本選手権が25日、開幕。男子ショートプログラム(SP)で五輪連覇王者・羽生結弦(ANA)は103.53点。2月の四大陸選手権以来、320日ぶりの実戦リンクで見事な演技を披露した。海外からも続々拍手が送られている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 帰ってきた羽生が、注目の新プログラムを披露した。アップテンポなナンバー「Let Me Entertain You」に乗せて美しく、そして力強く舞い観衆を魅了した。

 黒にゴールドが散りばめられた、ロックテイストの衣装に身を包んだ羽生。冒頭の4回転サルコーを着氷。続く4回転―3回転の連続トウループ、最後の3回転アクセルは美しく決めた。そして場内からの拍手を一身に浴び、決めポーズ。胸に手を当て、深くお辞儀を繰り返した。

 最後の3回転アクセル後のスピンが0点となる場面もあったが、103.53点は堂々の1位だ。米フィギュア専門誌「IFSマガジン」公式ツイッターは「いつも新たに作りだします。素晴らしいショートプログラムでした」と称賛。また欧州衛星放送局「ユーロスポーツ」で解説を務めるマッシミリアーノ・アンベーシ氏は「日本選手権のショートプログラムでキャリア4回目の102.62点以上」とツイートし、記録について触れている。

 また米国の名物記者ジャッキー・ウォン氏も「サルコーと3Tは本調子でないものの、ユヅは上手く表現していました。おかえり、ユヅ!」と熱視線を注いでいた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集