[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ドネア、一転「コロナ陰性」と母国報道 陣営は19日世界戦熱望「もう陽性ではない」

新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示していたボクシングの元世界5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)が、一転して陰性になったことを海外メディアが伝えている。一時は陽性となり、19日(日本時間20日)のWBC世界バンタム級王座決定戦の出場取りやめとなった。しかし、陣営は前IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)との同試合を熱望しているという。フィリピン紙「ビジネスミラー」が報じている。

ノニト・ドネア【写真:荒川祐史】
ノニト・ドネア【写真:荒川祐史】

陽性だったドネア、2度の検査で陰性に

 新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示していたボクシングの元世界5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)が、一転して陰性になったことを海外メディアが伝えている。一時は陽性となり、19日(日本時間20日)のWBC世界バンタム級王座決定戦の出場取りやめとなった。しかし、陣営は前IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)との同試合を熱望しているという。フィリピン紙「ビジネスミラー」が報じている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 ドネアは当初対戦予定だったWBC王者ノルディ・ウーバーリ(フランス)が新型コロナ感染により、ロドリゲスとの王座決定戦に変更。しかし、今度はドネアが陽性反応を示したと報じられていた。

 そんな中、ドネアの父親でトレーナーを務めるノニト・ドネア・シニア氏は息子について言及。11日に掲載された記事で「彼は検査を2度受けて、2度陰性だった」「すでに陽性ではなくなっているので、少し安堵している。さらなる2度の検査を行う前に自己隔離している」と語っている。

 さらに記事よると、予定していた米コネチカット州のカジノで開催予定の「プレミア・ボクシング・チャンピオンズ」の興行に出場できるよう、プロモーターのアル・ヘイモン氏に試合を行うよう要請しているという。2度の陰性を理由に試合が可能だと主張しているようだ。

 マネージャーの妻・レイチェルさんと2人の息子は陰性。昨年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級大会決勝の井上尚弥(大橋)戦以来、1年1か月ぶりのリングに立つことを目指している。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集