[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子、単独首位浮上の“好パット連発”に米実況席が強調「好発進は本物だった」

女子ゴルフの海外メジャー最終戦・全米女子オープン第2日が11日(日本時間12日)、米テキサス州チャンピオンズGCで行われ、1打差の2位で出た渋野日向子(サントリー)が6バーディー、2ボギーの67で回り、通算7アンダーで3打差の単独首位に浮上した。米メディアは渋野のプレー動画を公開。実況席は「昨日のラウンドは真剣にとらえるべきものでした」と伝えている。

通算7アンダーで3打差の単独首位に浮上した渋野日向子【写真:AP】
通算7アンダーで3打差の単独首位に浮上した渋野日向子【写真:AP】

渋野日向子が「67」で単独首位浮上、米メディアがプレー集公開

 女子ゴルフの海外メジャー最終戦・全米女子オープン第2日が11日(日本時間12日)、米テキサス州チャンピオンズGCで行われ、1打差の2位で出た渋野日向子(サントリー)が6バーディー、2ボギーの67で回り、通算7アンダーで3打差の単独首位に浮上した。米メディアは渋野のプレー動画を公開。実況席は「昨日のラウンドは真剣にとらえるべきものでした」と伝えている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 渋野の首位を興奮交じりに伝えた。米専門局「ゴルフチャンネル」の公式ツイッターは、渋野のバーディーを集めたハイライト動画を公開。出だしの1番で6メートルのロングパットを入れてバーディー発進したシーンを振り返りながら、実況が「昨日(初日)はパットが素晴らしかったですね」と投げかけると、解説はこう答えた。

「昨日は68で回りました。あなたは“#スマイリングシンデレラ”を(優勝候補として)とても真面目に考えていないかもしれませんが、昨日のラウンドは真剣にとらえるべきものでした」

 2位発進の初日はたまたまではなく、“本物”だったことを強調している。さらに渋野は6番では4メートルを沈め、10番は約4メートルを入れてともにバーディー。12番は3メートルを入れ、解説は「興味深いのは、全英女子オープンの勝利後、LPGAツアーのメンバーシップを取らなかったことです。しかし、ハタオカなどと日本女子オープンでプレーした後、彼女たちが自分とはレベルの違うプレーをしていたことが、米国に来てより高いレベルで競争したいと思わせたそうです」と紹介している。

 好パットを連発する姿に、実況は「良いトライでした」と称賛。渋野は昨年8月の全英女子オープンに続くメジャー制覇へ、決勝ラウンドに向かう。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集